サマーウォーズ4DX
スポンサーリンク

つながりこそが、ボクらの武器

『未来のミライ』(18)で米国アカデミー賞にノミネートされたスタジオ地図の細田守監督初のオリジナル長編映画である本作。
2009年の劇場公開から10年を迎えた今でもずっと根強い人気を誇っているロングランヒット作品です。

夏になると金曜ロードショーで放送されTwitterではあの名場面「よろしくお願いしまぁぁぁぁすっ!」をみんなで一気に呟くお祭り騒ぎとなるほど。

そんな『サマーウォーズ』が10年の時を超えてスクリーンに帰ってくる!?

『サマーウォーズ 10周年』作品情報

公開日:2020年1月17日
上映時間:
ジャンル:アクション、SFなど
監督:細田守
脚本:奥寺佐渡子

4DXとは?

4DXとは、「体感型(4D)」を演出するための最新劇場上映システム。
座席が作品中のシーンと完璧に連動し、前後上下左右へ稼働。
また、風、水(ミスト)、香り、煙など各種演出も体感できるアトラクション効果も搭載されています。

たま
これまでの映画とは違う『臨場感』を、よりリアルに体験できる最新上映システムなのにゃ!
スポンサーリンク

"OSの世界"が4DXで体感できる!

『サマーウォーズ』4DX版
2020年1月17日(金)より全国公開決定!

本作を見たことがある方ならお分かりでしょう。
自分がまるでOSの世界に入った様な感覚を味わえる事間違いなしです。

すでにTwitterでは、その4DXの演出に期待が高まっている様子!これは実際に行って体験してみるしかないですね。

『サマーウォーズ  10周年』あらすじ

ある夏の日、高校生の小磯健二は、憧れの先輩・夏希から彼女の田舎まで一緒に旅行をするという「バイト」に誘われる。
夏希の実家・陣内家(じんのうちけ)は、戦国時代から続く名家で、曾祖母の栄おばあちゃんを筆頭に個性豊かな面々がそろった大家族。健二のバイトの内容は、この家族たちの前で夏希のフィアンセ役を演じるというものだった。
その夜、健二の携帯電話に暗号らしきメールが届くと、数学が得意な健二は徹夜で回答を導き出す。すると翌朝、現実と仮想世界OZが大混乱に陥っていた…!

『サマーウォーズ 10周年』ネタバレ

※ここからはネタバレが含まれます。ご注意下さい。

サマーウォーズ ネタバレ
高校生の篠原夏希は長野県の上田にある室町時代から続く武家の陣内家の末裔。
当主のおばあちゃんの誕生日には年に一度一族が屋敷に勢ぞろいする。
夏希はおばあちゃんが生きているうちに婚約者に会わせるという約束をしてしまったので、1年後輩の小磯健二に彼氏役のアルバイトを依頼し誕生会に連れていくことに。健二は数学オリンピックの日本代表選手候補に上がるほど数学が得意だった。
屋敷に到着した夜、おばあちゃんを囲み晩餐会が盛大に開かれた。婚約者という役を何とか演じきった健二が布団に入って休んでいるところに、1通の携帯メールが届く。それは数字が羅列された謎のメール。
数学の問題だと思った健二は一晩で回答を導き出してしまう。 翌朝健二が起きるとネット上に存在する仮想世界OZ (オズ)の人工知能が乗っ取られ大混乱しているというニュースが流れている。そしてそれに関与した少年として健二の顔が報道されている。オズは世界一のセキュリティを誇っていたが、誰かがオズを守る2056桁のセキュリティーコードを解いてしまったのだという。
二が解いた問題はまさにこのコードだった。

そして健二の同級生・敦からの情報でそのコードをバラまいたのは人工知能「ラブマシーン」だと判明する。

健二の顔が報道されたことで、陣内家の人々にも婚約の話が嘘だとバレてしまう。
そして親戚のお巡りさんに逮捕されるが謎の渋滞が起きていて動きが取れずに屋敷に戻る。
現実世界でも交通機関の麻痺や110番・119番の誤報などトラブルが続出していた。

ラブマシーンがいろいろなアカウントを乗っ取りやりたい放題をしていた。

実は昨夜暗号を解いた人は55人いて、なんと健二は最後の1桁を間違いその中に含まれていなかった。しかし今度こそ管理塔への暗号を解き暗号を解き、事態はいったん収束へ向かう。

そんな時、夏希の叔父・侘助がラブマシーンを開発したのは自分だと告白する。一族に責められるが、自分は人工知能を開発しただけで人工知能に命令はしていない。

知識欲を持ったラブマシーンが勝手にやったことだと主張。おばあちゃんは激怒して切腹を命じるが、侘助は帰って来るべきではなかったと言い残し屋敷を後にする。

おばあちゃんは一連の騒ぎに疲れたのか、翌朝目を覚ますことなくこの世を去ってしまう。女性陣はお通夜の準備を進める中、健二たち男性陣はラブマシーンを止めるための準備を進めラブマシーンに果たし状を送る。
仮想世界でラブマシーンと決闘しラブマシーンを窮地に追い込むが、4億以上の奪ったアカウントを吸収し巨大化して逃走するラブマシーン。

そして突如2時間10分のカウントダウンが始まる。

小惑星探査機「あらわし」が制御不能で地上に落下中との情報を入手。ラブマシーンが世界各地の原子力発電所のいずれかに「あらわし」を墜落させようとしているのだ。

墜落を阻止するには4億以上の奪われたアカウントの中からGPS管制をつかさどるアカウントを取り戻す必要があった。 もう手段がないとあきらめかけていた時、夏希は侘助に連絡を取る。
おばあちゃんが亡くなったことを告げてお別れに来るよう伝える。そして侘助が戻ってきて、みんなでご飯を食べながらラブマシーンの対策方法を話し合い、持っているアカウントを掛け金にして花札の勝負を挑むことに。
その間に侘助がラブマシーンの解体作業を進める。

夏希を親にゲームを進め一度は窮地に陥るものの、世界中の人々の助けを借りて多数のアカウント奪還に成功する。が、カウントダウンは止まらない。残り10分、ラブマシーンは「あらわし」の進路を変更し陣内家をターゲットにする。

健二は得意の数学を屈してギリギリのところで管理塔に侵入し「あらわし」の軌道修正に成功する。「あらわし」は陣内家から少し離れたところに落下。暴風に見舞われたものの、大きな被害は免れた。

侘助はラブマシーンを完全に抹消させ世の中は平穏を取り戻した。陣内家ではおばあちゃんの葬儀が行われている。

そして健二と夏希はお互いに惹かれあう。

ファン待望の様々なイベント実施中!

映画『サマーウォーズ』は10周年プロジェクト≪UPDATE≫と題して、様々なイベントを実施中です。

「E-SAKUGAサマーウォーズ」発売

マルチメディア機能満載!AppleBooks電子書籍アニメーション原画集「E-SAKUGA サマーウォーズ」が11月29日に発売!

実際に使われたアニメーターの原画を自分で動かせる、新時代のアニメーション原画集です。
画面をタップするだけで絵を動かせるという、世界で唯一の機能を持つ電子書籍E-SAKUGAシリーズに『サマーウォーズ』がラインナップに加わります。

自分で原画を動かせる…、まさに『OSの世界』!

サマーウォーズランダムブロマイド第一弾

10周年イラストと10年を経て復刻されたデザインのランダムブロマイド第一弾が販売スタート!
こちらはLOSON PRINTで商品番号を入力すれば全12種類のブロマイドより1枚がランダムで出力されます。

値段は250円とリーズナブルでサマーウォーズのグッズが手に入ってしまうのでファンにはたまらないでしょう!

『サマーウォーズ 10周年』感想

末永く愛されるテーマ

初めて観た時、新たな時代が始まったと思った。ジブリアニメとも違い、新たな世界観が作り出されている。しかし、内容も映像もデジタルなので、時がたつにつれて古臭いと感じるかもしれない。まあ、自分は久しぶりに見てもそうは感じなかったけど。真田の里と舞台にしているので、一族のモデルも真田の末裔。末永く愛されるテーマだと思う。
男性(40代)

声優の出来が物足りなかった。

アニメだから現実離れしているのは仕方がないが、現実世界と仮想世界を描くときは細かい設定が必要だと思う。そんな中でOZの世界は良く仕上がっていたと思う。ただ、大家族の設定にはちょっと無理があったような気がするな。おばあちゃんはOZの混乱関係なく、自分の寿命を分かっていたから健二と花札したんだと思う。一つダメ出しするなら、声優の出来が物足りなかった。
男性

何度見ても面白い

何度見ても面白いと思わせてくれる作品だ。出来過ぎのところあるけど、そこは映画ってことで。何でもかんでもリアルにしたら面白くなくなっちゃうし。この映画は都合の良さを楽しめるし、違和感を感じることなくすんなり見られる。夏が見事に描かれていて、見ている間ずっと夏を感じていられる。普段からネットの世界にまったく興味がないが、花札の勝負シーンではつい、応援してしまった。細田監督の作品はどの作品も自分とは相性が良い。全部好き。
視聴済みでもそうでない方でも4DXともあり、楽しめた方が多く見られました。
サマーウォーズ公開から10周年記念ともありますが、名作はいつ見ても名作だと感じます。

『サマーウォーズ10周年』 まとめ

10年の時を経て蘇る『サマーウォーズ4DX』。
一度本作を見た事がある方でも最新上映システムで
これまでにない新鮮な気持ちで"OSの世界"を楽しめます。

「よろしくお願いしまぁぁぁぁすっ!」を大迫力の映画館で見ないと!
皆様も是非映画館へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
おすすめの記事