ソマリと森の神様

ソマリと森の神様6話が放送されましたね!ついにハイトラとウゾイの過去が明かされました!

今回は「ソマリと森の神様」6話のネタバレあらすじと感想などを紹介!

『ソマリと森の神様』6話のあらすじ

ソマリと森の神様6話ではウゾイはソマリのことを殺すことが出来なかった。そしてハイトラの秘密が明らかになり戸惑うウゾイだが、償いとしてウゾイと共に生き続けるという罰をハイトラに与える。

スポンサーリンク

『ソマリと森の神様』6話のネタバレ

占い師のお告げ

ソマリを押さえつけているウゾイは占い師の言葉を思い出していた。旅をしている最中に出会った占い師は、ハイトラの血は汚れているから新たな血で清めなければいけないと告げられた。だからウゾイはソマリの血を欲していたのだ。

ウゾイを押しのけ逃げたソマリは足を踏みはずし池の中に落ちてしまう。泳げないソマリが池に沈んでしまいそうになったところをウゾイが助けた。くしゃみをするソマリにウゾイは自分の羽でソマリを覆い温めてあげる。ウゾイはソマリに謝る。ハイトラのためだったと、病気のことやソマリの血が必要だった理由を話す。

ウゾイを守るソマリ

ソマリはゴーレムにウゾイは自分を助けてくれたのだと訴えると、風邪をひかないようにとソマリにタオルを渡した。

 ウゾイは泣きながら出来なかったと言いハイトラにしがみつく。正しかったと言うハイトラだが、ウゾイを抱き寄せられなかった。

 その夜、もう一度謝ってくるウゾイにソマリは許す条件は友達になることだと言い眠ってしまう。

 家族を想っての行動だと理解しているのでもう気にしないと言うゴーレムに、自分はウゾイの家族として認めてもらえる身分ではないと言うハイトラ。

ハイトラの隠し事

ハイトラは自分に生えている羽の経緯を話し始める。妻と子と住んでいた人間の集落が異形の襲撃に遭い、洞窟に身を隠していた。他の人間仲間はほぼ全滅していた。食料もなくて生きるか死ぬかの瀬戸際だった時、ハイトラが外の様子を見に行くと木の実を拾う鳥の種族がいた。恐怖のあまりハイトラはその異形を殴り殺してしまった。そして生きるためにその異形を食したと。しかし食べた途端、妻と子の体からは無数の羽が生えてきて2人は息絶えた。ハイトラにも同様の症状が現れたが命を落とすまでではなかった。そしてハイトラの前に母親を探す幼いウゾイが現れたのだった。ハイトラの話を聞いてしまったウゾイは自分は騙されていたのだと唖然とする。

翌日、馬車で旅を続ける4人。ソマリは食欲もなく元気がないウゾイを心配する。ウゾイはソマリに隠し事をされたことはあるかと尋ねる。嘘で塗り固められた家族は本物ではないと。ソマリが何かを言いかけた時、竜巻のせいで馬車から飛ばされてしまうソマリとウゾイ。冷静なゴーレムは飛ばされた方向は安全だから竜巻が収まったら探しに行こうと言う。

ソマリとウゾイはどこか遠くに飛ばされていた。ソマリはウゾイに馬車で言いかけたことを伝える。大好きという気持ちだけは嘘じゃないから大丈夫と。

審判の時

ハイトラはゴーレムに話した内容をウゾイに聞かれたかもしれないと感じていた。ゴーレムは自らの罪に向き合い償うべき時が来たのだろう言う。そしてかけ足鳥という凶暴な獣に追われているソマリとウゾイを発見する。

ゴーレムが囮になりという作戦だったが、急遽ハイトラがかけ足鳥の前に飛び出していく。ハイトラは自分の命と引き換えにウゾイを守ろうとしていた。ハイトラがかけ足鳥の毒牙にやられそうになった時、ウゾイがかけ足鳥の触覚のようなものを切り落とす。そしてゴーレムが閃光弾を放つとかけ足鳥は逃げていった。

ウゾイはハイトラを怒鳴りつける。勝手に一人で完結するな。死んで逃げるなんて許さないと。そして事実を知ったら、ハイトラに危害を加えていたかもしれないと言うと、自分の命はウゾイの物だからウゾイの望むようにすると言うハイトラ。ウゾイは泣きながら、罪を償いたいのであれば自分と共に生き続けろと言う。ハイトラはウゾイを強く抱きしめ約束した。そんな2人をソマリとゴーレム遠くから見つめていた。

スポンサーリンク

『ソマリと森の神様』6話の感想・考察

今回はハイトラとウゾイの話がメインでしたが、2人の関係には驚きました。ウゾイのお母さんを食べてしまった時は生きていくために仕方がなかったのだと思いますが、鳥の種族といえども人間ぽいから見ていてちょっと抵抗がありましたね。それを知ったウゾイは相当ショックを受けたはずですが、旅を通じて築き上げてきた絆が上回りハイトラとウゾイが和解出来て安心しました。ソマリの単純だけどとても純粋な考え方は周りの人々を幸せに導いてくれる力がある気がします。

ソマリとハイトラが人間だと分かったので、もうお互い探り合いみたいなことをしなくて済むので、これからの旅がしやすくなるのかなと思いました。この4人がどんな旅を繰り広げていくのか次回も楽しみです。

おすすめの記事