ルパン三世THE_FIRST_結末ネタバレ
スポンサーリンク

12月6日(金)から公開されている映画『ルパン三世 THE FIRST』。
初のフル3DCGでの作品とあって、公開前から話題となっています。
脚本・監督は『アルキメデスの大戦』や『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』などを生み出した山崎貴さん。

原作者のモンキー・パンチ先生は漫画やアニメに関する最新技術に興味を持つ方で、この3DCG映画も大変楽しみにされていたそうです。
しかし、2019年4月11日。モンキー・パンチ先生はお亡くなりになってしまいました。

たくさんの人の注目や期待を背負った作品。果たしてどのような映画なのか、解説していきます。

あらすじ

その謎を解き明かしたものは莫大な財宝を手にするとされ、かのアルセーヌ・ルパンが唯一盗むことに失敗したといわれている秘宝・ブレッソン・ダイアリー。
そんな伝説のターゲットを狙うルパンは考古学を愛する少女レティシア(広瀬すず)と出会い、2人で協力して謎を解くことに。しかし、ブレッソン・ダイアリーを狙う秘密組織の研究者ランベール(吉田鋼太郎)と、組織を操る謎の男ゲラルト(藤原竜也)が2人の前に立ちはだかる……。
ブレッソン・ダイアリーに隠された驚愕の真実とは一体!?
天下の大泥棒による史上最大のお宝争奪戦が幕を開ける!!
※この記事の後半は映画の結末・ネタバレが含まれます。ご注意ください。

ルパン三世 THE FIRST 作品情報

公開日 2019年12月6日(金)
上映時間 93分 (1時間33分)
ジャンル 3DCGアニメ
脚本・監督 山崎貴
制作会社 2019映画「ルパン三世」製作委員会

ルパン三世 THE FIRST 登場人物・キャスト

ルパンのメイン声優

ルパン三世:栗田 貫一
次元 大介:小林 清志
石川 五ヱ門:浪川 大輔
峰 不二子:沢城 みゆき
銭形 幸一:山寺 宏一

ゲスト声優

レティシア:広瀬すず
ランベール:吉田鋼太郎
ゲラルト:藤原竜也

ルパン三世 THE FIRST ネタバレ・結末ラスト

※ここから映画の結末・ネタバレが含まれます。ご注意ください。

今回のルパン三世の狙いは

今回の映画でルパンたちが求めている宝は「ブレッソンダイアリー」というもの。

なぜ、この日記を狙うかというと、ブレッソンダイアリーを読んだ人は大金を得ることができるから。

ブレッソンダイアリーは第二次大戦中にブレッソン教授が書いた日記です。

ブレッソン教授は家族に日記を託した後にナチスに殺されてしまいます。

ここから物語はスタート

それから時が経ち、ルパンがブレッソンダイアリーの存在を知ります。

お得意の変装で警備員になり、見事に盗むことに成功するのですがルパン三世ではお馴染みの峰不二子に奪われてしまいます。

ここはいつもの展開ってことで安心感がありますね。

 

この後のシーンが予告編として公開されている部分になります。

護送中のルパンのもとに次元大介と石川五右衛門が助け出すシーン。

ブレッソンダイアリーはどこへ

峰不二子に奪われたブレッソンダイアリーはというと、吉田鋼太郎が声を務めるランベール、藤原竜也が声を務めるゲラルトの元へ。

ルパンたちはブレッソンの孫であり考古学者のレティシアに出会います。

ブレッソンダイアリーは2つの鍵がないと開けないような仕組みになっていることが判明し、1つはランベールたちが、1つはルパンが持っています。

本が開けないと宝にたどり着けないので、協力をすることで本を開けることに成功します。

 

しかし、鍵だけでなくキーワードもないと本を読むことができない仕組みとなっていました。

そのキーワードは「LAETITIA」であるとルパンが推理。

無事に本を読むことができ、宝の正体は無限のエネルギー源となる「エクリプス」。

エクリプスを得るための3つの試練

エクリプスを求め一行は3つの試練に立ち向かうことを決意。

失敗すると命を失いかねない危険な試練です。

1つ目の試練

とてつもない重力がかかる罠がある部屋。

石像の目に埋め込むことで簡単にクリアします。

2つ目の試練

隕石が必要と本に書いてあり、五右衛門の斬鉄剣を使うことでコチラも突破。

3つ目の試練

なんと最後は謎解きなどもなく、単純な身体能力のみでクリアできる試練。

こちらはページ上部の予告編でチラッと出てきます。ルパンがクリアします。

ついにエクリプス登場

すべての試練をクリアした途端、ランベールたちはルパンたちに襲いかかり、捕まることに成功。

ランベールはエクリプスを起動!

エクリプスはブラックホールを作り出しすべてを飲み込んでいきます。

そんな中、ルパンは1つ目の試練の重力を扱うことができる宝で脱出!

ゲラルトやランベールは吸い込まれたあとに、エクリプスを破壊します。

結末・ラスト

無事にルパン一味、レティシア、協力していた銭形警部も助かりハッピーエンドです。

レティシアも考古学者になるために大学へ。驚いたことに大学への推薦書はルパンが書いています。

 

感想・評価

ストーリーは最高に面白くいい作品でした。

ルパン初の3DCGのアニメーションとなったが、昔のルパンと比べるとどうしてもアクションが弱く見えてしまったのは残念でしたが、ストーリーは最高に面白くいい作品でした。
ブレッソンダイアリーを中心にお宝(兵器)のありかを捜索するため、ラストはその兵器をいかに使わせないか・いかに破壊するかという流れが中心で、お宝探しをする流れがあまり臨場感はないように感じましたが、ルパン1世の残したヒントを踏まえてお宝に行き着く直前のアクションは手に汗握る内容となっていました。またダイアリーの鍵を開けるヒントなどはちょっと検討がされておらず、すぐに予想できる内容でアクションにこだわった作品なのでは?と思わされる内容です。
今回、ラストのシーンはカリオストロの城を思い出させる流れもあり、次の時代の先駆けとしての位置付けとするルパンとしては興味深い内容だったと思います。
男性 30代

曲はとてもいいです。使いどころ完璧です。

僕の中であまり評価してない映画ですが、いつも以上に好きなシーンが多かったです。
まずオープニングですが、同じみテーマが流れてタイトルロールとなります。始まってすぐですが、3dにしてもルパンの魅力崩れないのではと思ってました。そして、その後タイプライター含めオープンジングは好きになれました。次ルパンがレティシア助けに飛行艇を飛び降りるところですが、上空何千メートルでパラシュートなく、されこれからどうするとなりますが、そこにフジコちゃんたち登場します。そして、サンバテンペラード流れるといった演出となり、ドラクエの時もそうですが、曲はとてもいいです。使いどころ完璧です。
ラストもスーパーヒーローかかってて興奮しました。
男性 30代

何のときめきもない展開。

ルパン三世シリーズが大好きで、先日の金曜ロードショー後に解禁された逃走シーンや街中の広告で観たCGのクオリティが本当にすごかったので早速見てきましたが…監督があの「ドラゴンクエスト・ユアストーリー」の山崎貴だと気づいておらず、本当に痛い目に遭いました。
ルパン三世を侮辱するのも大概にしてほしい。ルパンがただの軽薄な男に見えますし、ゲスト声優の広瀬すずは壊滅的、ストーリーはお粗末な伏線を落としては拾い落しては拾いで何のときめきもない展開。敵キャラの思想は意味不明ですし、たしかにCGはすごかったのですが、せめて潔く脚本はほかの人に依頼するべきではなかったのでしょうか。
監督のセンスに絶望としか言いようがない作品です。
女性 20代

関連記事

こちらの記事がよく読まれています
スポンサーリンク
おすすめの記事