ランウェイで笑って
スポンサーリンク

「ランウェイで笑って」12話では芸華祭の結果が発表されます!

今回は「ランウェイで笑って」12話最終回のネタバレあらすじと感想などを紹介!

ランウェイで笑って12話最終回のあらすじ

芸華祭の最優秀賞は心が手にした。

そして芸華祭を機に千雪はモデルのオファーを受け、育人は綾野と共に働くことになった。

スポンサーリンク

『ランウェイで笑って』12話のネタバレ

綾野麻衣の本音

ショーを控えた綾野は祖母の言葉を思い出していた。

あの日、麻衣はお酒を飲みながら綾野が独立をする条件として芸華祭の麻衣の買い付け記録52件を超えることを提示した。

綾野はこれが祖母の本音なのだろうと感じていた。

 

芸華祭の会場でバイヤーの市原が育人に自分のショップに服を何着か卸して欲しいと申し出た。育人は自分の服が売れたことに喜びを噛みしめていた。

 

綾野のショースタート。テーマは調和。

一着目はブランドロゴ入りTシャツという無個性な服でスタート。

そのシンプルさが観客の期待を加速させる。

綾野の優れたデザイン能力、作戦力で観客は魅了されていく。

綾野は毎年芸華祭に出場し、年々バイヤーの数を増やしていたが祖母の記録には届かなかった。綾野にとって今年が最後のチャンスだった。

芸華祭終了

ショーが終了し審査が行われていた。

その間会場の外では綾野に複数のバイヤーが群がっている。

 

そして心は綾野のショーを見て弱気になっていた。

そんな心に千雪はデザイナーを諦めるのかと説教していると、五十嵐が二人のそばを通りかかる。

五十嵐は心に結果が出たら来いとだけ告げて去っていった。

 

ついに結果発表。最優秀賞に輝いたのは心だった。

セイラが心にこれからはデザイナーとしてがんばってと言いトロフィーを渡した。

 

舞台裏ではその他の順位が発表されていた。

木崎は7位。そして育人は11位だった。

育人の評価は作りは正確だが個性が足りず、普段皆が着ている服に寄り過ぎている。

デザイナーは新しいファッションを作り出す義務があるというものだった。

悔し涙を流す育人に芸華祭のスタッフがまだこれからだからそう落ち込むなと声をかける。

 

一方綾野の結果は最下位。棄権した結果だという。

棄権を選んだ綾野

落ち込んでいる育人に綾野のチームスタッフが綾野の11着目を見せる。

それはスタッフが綾野の希望通りに仕上げることが出来なかった服だった。

育人はそれを見た瞬間に袖がうまく膨らんでいないことを指摘した。

そのスタッフは誰も綾野のクオリティーについていけなかったと告白した。

そして11着目を仕上げられなかったせいで、52枚しかバイヤーの名刺が集まらなかった。

だから綾野は棄権したのだと言う。育人がパタンナーをやっていればと悔しさをぶつけた。

 

その頃、綾野は祖母に独立はしないと宣言していた。

約束は守らないと自分を好きになれないと綾野は言う。

 

舞台裏に戻った心が育人の順位を疑問に思っていると、千雪は育人には才能があるからきっとまだ噛み合っていないだけだと言う。とその時、心は五十嵐からメッセージを受け取った。

そこには「おめでとう。いつでも戻って来ていいぞ」と書かれていた。

それを見た千雪は五十嵐に謝ってもらいたいと憤慨していた。

そんな千雪にある女性が話があると声をかけてきた。

育人の進路

学園長は芸華祭に外部生の参加を許可したことは正解だと思っていた。

学園長はずっと孤独だった綾野が気になっていたが、育人と出会えたことできっと綾野はもう一人にはならないだろうと感じていた。

そして学園長は落ち込んでいる育人に芸華大の入学案内を渡した。

学園長は勉強しながらインターンをする道もあることを育人に教える。

そして芸華祭の経験は必ず育人の糧になり、育人はもっと成長できると伝えた。

それを聞いた育人に笑顔が戻った。

 

学園長と別れた育人の前に千雪が現れて、育人に悔しくないのかと問う。

そして千雪は雑誌の専属モデルのオファーがあったことを育人に伝える。

すると育人はもう誰にも負けたくないという初めての感情を抱いた。

 

その週末、育人は柳田から呼び出された。柳田は自分のブランドを一度たたむと言う。

柳田は綾野麻衣のブランド・アプロアイディーテからデザイナーにならないかと声がかかったのだ。

柳田はパリファッションウィークに出るために日本一のブランドで結果を出し、自分自身の価値を高めることにしたのだ。

そして、育人も綾野に電話をして自分もアプロアイディーテで働けるかと尋ねた。

『ランウェイで笑って』12話最終回の感想

ランウェイで笑って12話を見ての感想。

ついに芸華祭が終わりました。結果はまさかの心が最優秀賞。

綾野が棄権したという背景がありますが、それでも一位には変わりないので心の努力が報われてよかったです。

そして千雪もモデルとしての仕事のオファーがありました。

ずっと厳しい結果ばかり続いていた千雪だったので、千雪の努力も報われて本当に良かったです。

育人は残念な結果でしたが、まだまだ伸びしろがありそうですし今後は綾野と一緒に働いていくんですね。

千雪も育人も諦めずに夢に向かって挑戦し続ける姿に感動しました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事