スポンサーリンク

「ランウェイで笑って」11話ではついに長谷川心と千雪のコンビのランウェイが開始される!

今回は「ランウェイで笑って」11話を見逃してしまっても動画を無料で見る方法やネタバレあらすじと感想などを紹介!

『ランウェイで笑って』11話の動画を無料で見る方法

ランウェイで笑って11話の動画を無料で見ることができる方法があります。

それは動画配信サービスの無料期間を使うことです!

今すぐに高画質で視聴可能な公式の動画配信サービスを使いましょう♪

サービス名 配信状況 公式サイト

見放題
31日間無料

見放題
1ヶ月間無料

見放題
2週間無料

「ランウェイで笑って」は調べてみるとU-NEXT、FOD、Huluすべてで配信中でした!

その中でも取り扱いアニメ作品が多く、マンガを読めたりやアニメ映画も見れる日本最大級の配信数を誇るU-NEXTがオススメ!

「ランウェイで笑って」をU-NEXTで無料視聴する方法
  1. 31日間の無料体験キャンペーンに登録をする。
  2. ランウェイで笑ってを視聴する。
  3. 他のアニメ好きなだけも視聴する。
  4. 31日以内に解約すれば無料!

\スマホやテレビでも視聴可能!/

本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

『ランウェイで笑って』11話のあらすじ・ネタバレ

千雪と心のショーが始まった。

何往復も一人で歩かなければいけない千雪に疲れが見えてくるが、千雪はここぞという時にとてつもないオーラを放った。

互いの胸の内

千雪と心はショーに向けて顔合わせをしていた。

目の下にすごいクマを作っている心を見てそんな状態で撮影に行ったのかと憎らしくなる。

一方心は小さくてかわいらしい千雪に憧れていた。自分も千雪のようだったらよかったのにと心は思っていた。

 

心は全ての服を一晩で千雪のサイズに作り直していた。

そんな心を見て、その努力と根性を全てモデルに向けられていたら千雪は太刀打ちできなかったかもしれないと思う。

千雪はそんな心を認め正直に自分の想いを伝える。

 

千雪はこの程度の服で特徴のないランウェイをしても勝てないと心に伝える。

それはショープランを変更することになる。

しかし千雪は真剣勝負なのだから勝てるチームにしようと心に伝える。

モデルにかかっている

千雪の言葉に背中を押された心はプランを考え直した。

千雪もそのプランに賛同する。テーマはわくわく。

しかし心はそのプランはモデルにかかっていると言う。

心の服飾技術だけでは勝てないので、心はモデルの千雪に最高のウォーキングを頼むと頭を下げた。

心はショーの前日にモデルの仕事が入っていた。

その一日がどれほど貴重なのかはよく分かっていたが心は五十嵐に恩を感じていた。

五十嵐は心に自信を与えてくれた人なのだという。

初めての仕事の日にスーツで行った心の容姿を五十嵐は褒めた。

それは心のコンプレックスが始めて褒められた瞬間だったのだ。

 

撮影に時間を取られてしまう心は千雪に力を貸してほしいと頼む。

才能を重視する五十嵐を納得させるには身長のハンデがある千雪がモデルとしての心に勝つ必要がある。

だから心がモデルとしてショーに出るなら千雪は心のお願いを何でも聞くと言う。

ショースタート

千雪と心のショーが始まる。

ランウェイ上に服が掛けられたハンガーとフィッターがセッティングされた。

それはランウェイ上で1人のモデルに全ての服を着せ替える演出だった。

次から次へとイメージが変わっていき、テーマ通り観客をわくわくさせていた。

 

千雪は服によって歩き方を変えて服の魅力を伝えようとしていた。

とその時、千雪は五十嵐を一瞥する。五十嵐は集中出来ていない千雪に気が付く。

 

千雪に疲れが見え始めていたが、次の服を纏った千雪は観客を魅了するオーラを放った。

雫は千雪のネックは身長だけだからモデルを諦めろとは言えないと言う。

会場にいた全員が千雪に心を奪われていた。

千雪が着ていた服は千雪が心に加えて欲しいと頼んだ一着。

そのコンセプトは「風」だった。

 

そして次に心がモデルとしてランウェイに登場した。

すると千雪の小ささが明らかになった。

今まで身長の低さを感じさせなかった千雪は十分にモデルとしての存在感を放っていた。

 

心が千雪にお願いしたことは服を2着追加することだった。

心はスーツを着てランウェイを歩いていた。

そのスーツと同じものを事前に五十嵐にスーツを渡し一度だけ着て欲しいとお願いしていたのだ。

 

五十嵐は心のスーツを着ていた。

その姿を見た心はごめんなさいとつぶやき涙がこみあげてきた。

五十嵐にとって心は自分の夢そのものだったのだ。

フィナーレ

最期の服を千雪が着てランウェイを歩くと会場から拍手がおこる。

五十嵐はただのちびと無能のコンビではなかったと2人のことを認めた。

そして審査員の一人があのモデルは使えるとつぶやいていた。

 

観客は心ではなく千雪に注目していた。

まだモデルとしての自分に可能性を感じることが出来た千雪は涙があふれてきた。

千雪は心に思う存分デザイナーをやればいいと言い、心は千雪にお礼の気持ちを述べた。

『ランウェイで笑って』10話の感想

ランウェイで笑って11話を見ての感想。

 

千雪が望んでも手に入れられない身長の高さは心にはコンプレックスでしかなかったんですね。

なんとも皮肉な関係の2人です。それぞれ複雑な胸の内を抱えていましたが、千雪と心は良い関係を築いていて良かったです。

心がモデルを続けていくならばモデルとしてはライバルは変わらないけど、良い友達になれそう。

 

千雪のストレートで真っ向勝負な性格が良い関係を築くのに役立っているのでしょうね。

14往復も休みなしで歩き続けた千雪も根性ありますね。家の中でもヒール履いて練習しているとはいえ、スポットライトの熱さとか緊張とかで練習の倍以上に疲労するでしょうに。

 

次週は注目株の綾野遠の登場です。彼は祖母を越えると言う目標を果たすことが出来るのか気になるところです。

 

ランウェイで笑ってを見るなら
  1. 31日間の無料トライアル期間あり!
  2. 日本最大級170,000本以上の動画配信数!
  3. 最新コミックもすぐに読める!
  4. アダルト18,000本が見放題!
  5. 期間内に解約すれば月額料金は一切不要!
\過去作やアニメ映画も見れる!/
スポンサーリンク
おすすめの記事