プランダラ

プランダラは2015年から漫画にて連載が始まり、その世界観やビジュアルなどからも人気が高い作品です。

そんな本作が、いよいよ2020年1月よりアニメにて放送スタート!

4月から2クール目が放送開始され、リヒト-たちの過去が!

今回はプランダラの動画を無料視聴する方法を紹介します。さらにネタバレやあらすじも公開しています。

プランダラの動画を無料視聴する方法

「プランダラ」を1話から見直したい、見逃した回を見たい!という方におすすめの方法があります。

それは動画配信サービスの無料期間を利用することで、今すぐ「プランダラ」を無料視聴することができます。

高画質でストレスなく見るには公式の動画配信サービスが絶対にオススメです♪

サービス名 配信状況 公式サイト

見放題

見放題

見放題

「プランダラ」はU-NEXT、FOD、Huluで配信されているみたいです。

その中でもU-NEXTでは登録後31日間無料体験をしているので、期間内に解約手続きをすれば完全無料でやめることができます。

さらに「プランダラ」以外のアニメ作品の取り扱いも多く、マンガを読めたり映画も見れますのでオススメです。

「プランダラ」をU-NEXTで無料視聴する方法
  1. 31日間の無料体験キャンペーンに登録をする。
  2. プランダラを視聴する。
  3. 他のアニメ好きなだけも視聴する。
  4. 31日以内に解約すれば無料!

\スマホやテレビでも視聴可能!/

本ページの情報は2020年5月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

プランダラの各話のあらすじ(ネタバレあり)

https://twitter.com/plundereranime/status/1217491635795161088

プランダラの舞台となる世界は、アルシア。そこは戦争が終わった後の世界でした。

この世界で自分の存在意義を現すものはただ1つ、数字カウントのみ。それを奪いあい、弱き者は無残にも破れていくのでした。

そんな世界の中で、弱者のために戦い続ける青年リヒトーと、母の最期の言葉だけを頼りにひたすらに旅を続けている少女陽菜

2人は出会ってから、行動を共にするように。そんな中で次々と露になっていく、この世界の全てを握る数字カウントの謎…

果たして2人の行く末には、何が待ち受けているのでしょうか。ここから冒険は始まっていきます…

第1話「伝説の撃堕王」


母の最期の言葉だけを頼りに、この世界でただ1つの伝説と言われている撃堕王について調べ、探し続ける日々を送る陽菜。

その伝説の人物は、何百年も続いた戦争を終わらせた者だというのです。

闇雲に旅を続けている最中、彼女は偶然にもリヒトーという青年に遭遇します。彼はこの世界で、弱者のために戦い続けていたのでした。

行動を共にしている中で、2人の目の前に唐突に姿を現したのは、謎の軍人…。見るからに怪しい人物ではあったが、彼はなんと自らを撃堕王だと名乗っていたのです。

そして、そんな怪しげな人物に連れ去られてしまった陽菜を前に、リヒトーは助け出すことができるのでしょうか…

感想と考察
主人公の2人が出会い、いよいよ物語が進んでいくと思うと楽しみな反面、謎だらけなこともたくさんありました…。仮面姿も謎が謎を呼びますが、1話からいきなり登場をした撃堕王と名乗る人物の正体は一体なんなのでしょうか…。そして、陽菜が持っていた数字の書かれた石のようなものが数字カウントと言われるものなのか、その数字が意味するものなども気になりますね。やはりキャラクターのビジュアルや世界観も漫画同様とても素敵な作品なので、アニメ上映によってますますファンが増えそうだなと思いました!

第2話「だいっきらい!」


連れ去られた陽菜は、自らを撃堕王と名乗るなぞの軍人、ダビにまんまと騙されてしまいます…

なんと彼は、しっかりと説明をしないまま謎のゲームに参加させ、陽菜の数字カウントを奪ってしまったのです。

更には大切にしていた母の形見まで奪われてしまった絶望の最中、救世主のように現れたリヒトー。

彼は陽菜のために賢明に戦い、その正体が撃堕王であることを知らしめるのでした…

しかし、彼女が探しているのは自分ではなく、また別の撃堕王だと言い張るリヒトーは、取り返したはずの陽菜の所持品であった母の形見を奪って姿を消してしまうのです。

一難去ってまた一難…とも言える陽菜なのでしたが、果たして彼の真意はいかに…

感想と考察
怪しい風貌であった謎の軍人にまんまと騙されてしまい、どん底まで落とされてしまった陽菜でしたが…助けてくれたリヒトーがまさかの撃堕王ということで、様々な衝撃があった2話でした。ただ、探しているのは自分ではないというのはどういう意味なのか…この世界には数多くの撃堕王が存在しているということなのでしょうか?!ストーリーはもちろん、世界観もたくさんの謎に包まれていて、今後の展開が楽しみな反面、早く知りたい…と思えるような内容もたくさんありました。

第3話「制服だから仕方ない」


街に出回っていた新しい重罪人の手配書。リヒトーはまさかの、重罪人としてこの世界で指名手配をされていたような人物だったのでした…
そんな彼によく似た人物に遭遇する、リィン。彼女はとある街にて部下たちと共に、毎日ボランティアに励む日々を送っていたのです。
リヒトーによく似てた人物は、何故かプリンのような着ぐるみを身にまとっており、明らかに不審者なのでした…
重罪人として指名手配をされている人物に激似であったため、彼を疑うリィンであったが、懇願されてしまった結果、デートをすることに…。

断崖の街ホムホゥ担当の曹長・リィンは、部下のペレと共に日々ボランティアに汗を流していた。そんなある日、指名手配の重罪人リヒトー=バッハによく似た、プリンの着ぐるみ男と遭遇する。男を疑うリィンだったが、「全然モテない」と号泣する彼のため、仕方なくデートすることになる。

感想と考察
3話もお色気シーンも多く、どういうアニメなの?という展開でしたが、最後には強敵と思われるキャラクターが登場し、リヒトーもピンチになるかも。

第4話「違法所持者」


リヒトーは、陽菜が母親の形見として持ち歩いていた所持品、バロットホルダーを盗んだまま逃走をしているため、気づけば重罪人として指名手配をされていたのでした…

そんな中、この世界において毎日のように、指名手配犯を取り締まっている中尉である、ジェイル=マードック。彼はリヒトーを追っていたのでした。

一方、リィンは少しずつリヒトーに心を開いていきます。罪人として指名手配をされているにも関わらず、弱き者を助けようとする姿勢に心をうたれていたのでした。

しかし、追われる身であるリヒトーに、徐々に迫っていく中尉…ついに追いつかれてしまいます。果たして2人はどのような対決を繰り広げていくのでしょうか…

感想と考察
バロットを持つ人は驚異の力を持てるみたいですね。ストーリーがあるようで、ほとんどがギャグで構成されていますね。前半の15分間は展開もなく過ぎましたが後半はバトルシーンがありおもしろかったです。相手のジェイルのカウントは12500。リヒトーは5700。一体、どのような結末がまっているのでしょうか?

第5話「謝るな、謝れ」


重罪人として指名手配をされてしまったリヒトーに迫る、ジェイル=マードック中尉。
ついにターゲットを追い詰め、直接対決を繰り広げることになるのでした。
しかし、彼らの力量の差はとても大きいもので、鉄を操り戦いに挑んでくる中尉にリヒトーは全く歯が立たず、ついには捕らえられてしまいます…

しかし、戦う中でリヒトーのことについて疑問に思った中尉は、正体を探ろうと賢明に質問を繰り返し、問い詰めていくのでしたが、彼は全くまともには答えようとしないのでした。

感想と考察
リヒトーの空中からの必殺技もあっさりと破られてしまい、ジェイルはものすごい強さですね。なぜにこんなにも早いのでしょうか。。リヒトーの謎にも迫るシーンも多々あり興味深い展開となってきました。次回も楽しみです。

第6話「勘」


捕まったリヒトーでしたが、なんとか逃げることができ、放浪を続けていました。

彼を探し続けていた陽菜・ナナと合流し、3人は行動を共にします。
またいつ追われ、捕まってしまうかわからないという状況下の中で、3人は穏やかな時間を過ごしていました。
そして、1人で実験を繰り返していたペルモという人物に遭遇します。

危機一髪のところでリヒトーに助けられた彼女でしたが、夢中になって研究を続けていたのは空を飛ぶということ。
しかし、それはこの世界において、罪となってしまう研究だったのです…

感想と考察
新しいキャラが登場し展開も新しくなってきました。しかし、何故空を飛ぶことが禁じられているのでしょうか。リヒトーは知っているようなので、300年前と関係しているのでしょうか。エンディング前には新キャラがいきなりアビス送りになってしまったので驚きました。アビスとは一体。。。

第7話「美味かったよ」

https://twitter.com/sononheaview/status/1230855858545778688?s=20

ナナは店を経営しており、その店におくものを調達するため、とある市場にやってきたリヒトーたち。

歩き回りながら、様々な店を見ていく彼らでしたが、そんな中登場したのは以前リヒトーが出会いデートをしたリィン。

親しそうに話す2人に、嫉妬心全開の陽菜…。
その様子に気が付いたナナは、2人の女がリヒトーを争奪しようとしているこの状況でバトルをしないかと提案するのです。
そのバトルの内容とは、料理でした。美味しい料理をつくり、どちらがリヒトーにふさわしいのかを対決するという無謀な内容になりましたが、果たして勝者はどちらなのでしょうか…

感想と考察
まさかの料理対決が勃発し、それぞれの得意分野でリヒトーに料理を出す。リンはすごい女性らしい美味しそうな料理で、陽菜はお約束ともいえる、見た目が悪いのに美味しいという展開。次なる話への休みみたいな話でしたね。

第8話「アビスの悪魔」

https://twitter.com/sononheaview/status/1233389234444103680?s=20

ジェイル、リンたちが訪れた村ではどういう理由か壊滅していた。湖だった部分が突然アビスになっており、悪魔が現れたと言っている。その悪魔は何の攻撃も効かない。空を飛んで壊滅させたという。ジェイルは隣町にいたリヒトーを見つけ話を聞き出すために戦闘を始めようとする。毎度毎度ナナに言いくるめられ、なぜかジェイルとリヒトーはどちらが多く飲めるか勝負を始めた。ジェイルは酔わせて詳しい話を聞き出そうとするが、、、方やリンと陽菜はリヒトーを片思いしている感じ。

感想と考察
8話も7話と同じくギャグ要素が強いまま終わってしまいました。最後の数分で話は進みましたがアビスの悪魔とはヘリコプターがでした。「なんでまだこんなものが飛んでいるんだ」一体、プランダラとは。。

第9話「プランダラ」

リヒト-とジェイルが争っているときに現れた300年前の戦争で飛べなくなっているはずのヘリコプターがアビスから現れた。

リヒト-の肩に現れた3つの星。それはなんと大佐の階級。「アビスの悪魔は僕が落とす。」

伝説の撃墜王が本当の力を見せるときがきた。しかし、アルシングがリヒト-の邪魔をしつつもアビスの悪魔を捉えようとしている。

軍機違反をしながらもリヒト-の手助けをするジェイルたちの前にもうひとりの撃墜王が現れた。追撃の撃墜王「園原水花」。

子どもに銃を向けた園原についにリヒト-が覚醒する。

感想と考察
いままでのほのぼの感はまったくなく、戦闘メインの回でした。リヒト-も大佐階級であることや本当の強さも覚醒しました。次週の戦いが待ちきれません。

第10話「本気」

リヒト-がついに覚醒し園原を追い詰めていく。撃墜王同士が戦うときは決まりがある。すべての星を掛け合って勝負する。

リヒト-が追い詰められたとき5700のカウントが57000へと一気に増えた。園原の弾丸はリヒト-を追い詰めていくと思いきや、リヒト-は逆に追い詰めていく。

シュメルマンに支配された。暴走したリヒト-は誰にも止めることができず、園原は薬を使われて操られていたようだ。

園原の危機に現れたジェイル。ポケットから取り出した手袋に書かれていたカウントは45000。つまり合計は57500にもなる。

信念なき刃のリヒト-は敗れて戦いは終わった。

感想と考察
ギャグアニメかと思っていたのに、だんだんと物語の核心に迫ってきそうな内容になってきました。戦闘シーンも多くておもしろくなってきましたよ。さらに300年前の園原の記憶。なんと2人は学生をしていたようです。一体、どのようなことが起きて今の時代になってしまったのでしょうか。

第11話「とっておき」

アルシングとなぜか仲良くなってしまったリヒト-バッハ。まるで触手のように少しエロい展開が始まる。

そのころジェイルは王都に帰り、総司令に会う。

なんと総司令はジェイルの育ての親であった。リヒトーたちを襲った黒い制服たちは王族直属のなんでもOKの特別任務執行部隊。

奴らは全員がバロット持ちの強敵揃い。なぜかエロ本を出して話を聞く総司令官。

撃墜王は特別な手術を施した人間である。リヒト-バッハは撃墜王メンバーの隊長であり、撃墜王は老化が止まってしまったらしい。

真実を突き止めるまで歩みは止めないと宣言しているジェイルだが、総司令官は見通していた。

「お前らアルシングに手を出したな」

ジェイルはリヒトーを連行するよう総司令官に命令を受けてきた。部下の命を守るためにジェイルはリヒトーを連行することに決めた。

しかし、それをナナが止めた。なんとナナも伝説の撃墜王のメンバーだった。

ナナは力を使い、ジェイルたちをある時代に飛ばした。

そこはリヒトーたちが学生をしていた時代だった。

感想と考察
プランダラ1クール目の最終回とも言える話。相変わらずのギャグ要素満載のストーリー。プラスエロい展開w要所要所に物語の核となる展開を含めていて楽しみが増えてきました。ナナも撃墜王であったこと、リヒトーたちは手術をされて超人的な力を身に着けたこと。まだまだおもしろくなりそうです。ギャグ要素はそこまで求めてないんですが。。

第12話「入学式」


過去に飛ばされたジェイルたち一行はなにも気にせずに学校に入り、リヒト-を探す。

ナナは未来を変えるためにジェイルやナナを送り込んだ。

どうやら学校では入学式をしているようだ。体育館に大勢が集まっていた。この世界ではバロットは使えない様子。

この学校は軍人学校のようだ。教官は少尉と大尉。日本は戦いの真っ最中で危機にさらされているらしい。

学長はシュメルマン。リヒト-たちと同じ時代にいた人物。

校長である司令官はリヒト-に強烈な殺意をリヒト-たちに向けるがリヒト-はひるまなかった。

この時代は撃墜王になる前のリヒト-たち。

図書室で調べ物をしていた一行はアルシングを見つけた。アルシングは究極の意思決定機構だという。

兵器の撤廃、争いを廃止する。

感想と考察
2クール目がついに開始!リヒト-たちの過去にせまる。オープニングテーマも変わり、新たな敵っぽい存在も登場してきました。リヒト-はこの時代から相変わらずエロい性格だった。すべての始まりはここからはじまった。

第13話「腹いっぱい」

平和に学園生活を送る陽菜やリヒト-たち。スカートが長いと喜ぶリィン。リヒト-たちの担任は学園長が務めることになった。

学園では星2つを渡される。10個集めたものは軍人となり本人、家族ともに未来永劫の繁栄が約束される。

手っ取り早く星を集めるためにはお互いの宣言のもと合意し奪い合うこと。

しかし、リヒト-は星をもらえず3日以内に星を奪う必要があるようす。

今日は3日目、リヒト-は何にも動いていないが強行している奴がいた。

長身のドウアンがみんなの星を奪っていった。

ドウアンが卒業するとき、リヒト-が掴みかかった。リヒト-は突き飛ばされたは星を奪い返すことに成功。

感想と考察
定期的にエロ要素を入れてくるのは何なのでしょうか?w今回はかなりのエロさでサービスシーンが多めです。風呂のシーンはギリギリの描写が多く興奮する内容です。こういう話のときはいつも通り話が進みませんが13話もそんな感じでした。
プランダラを見るなら
  1. 31日間の無料トライアル期間あり!
  2. 日本最大級170,000本以上の動画配信数!
  3. 最新コミックもすぐに読める!
  4. アダルト18,000本が見放題!
  5. 期間内に解約すれば月額料金は一切不要!
\過去作やアニメ映画も見れる!/
スポンサーリンク

プランダラの声優情報

プランダラの主要キャラクターの声優情報をまとめました!

リヒトー=バッハ/CV.中島ヨシキ

https://twitter.com/plundereranime/status/1226357410178093058

謎の仮面をつけており、いかにも怪しげではあるが、伝説といわれる撃堕王。戦いのときは、その速さや跳躍を武器にしている。女性好きな1面も。

1クール目の最終回あたりでは追撃王のリーダーであるべく力を発揮する。

中島ヨシキ
1993年6月26日生まれ。神奈川県出身の声優。
近年での主な出演作品には、『Fairy gone フェアリーゴーン』のセルジュ・トーヴァ役や『あんさんぶるスターズ!』の南雲鉄虎役、『トライナイツ』の灘誠一郎役などがある。

陽菜/CV.本泉莉奈

母の最期の言葉だけを頼りに、日々撃堕王を探す旅を続けている少女。リヒトーに出会い、行動を共にしていく。

本泉莉奈
2月4日生まれ。福岡県出身の声優。
近年の主な出演作品には、『賢者の孫』のシシリー=フォン=クロード役や、『球詠』の大村白菊役、『Lapis Re:LiGHTs』のナデシコ役などがある。

リィン=メイ/CV.小澤亜李

街で治安維持を担当している曹長。日々人々のためにボランティアなどにも励んでいる心優しき女性。

小澤亜李
1992年8月10日生まれ。東京都出身の声優。『月刊少女野崎くん』の佐倉千代役がテレビアニメで務めた初のメインキャラクター。
近年では、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のユーノ役や、『ノブナガ先生の幼な妻』の生駒吉乃役なども務めている。

ナナ/CV.伊藤静

https://twitter.com/plundereranime/status/1226358179082039296

リヒトーとは昔からの付き合いがあるよう。正体は隠しているが実は撃堕王の1人。酒場を経営している陽気な女性。

伊藤静
1980年12月5日生まれ。東京都出身の声優であり、歌手としても活躍をしている。『暗殺教室』のイリーナ・イェラビッチ役や、『美少女戦士セーラームーンCrystal』の愛野美奈子/セーラーヴィーナス役などが代表作。
近年では、『ロード・エルメロイII世の事件簿 -魔眼蒐集列車 Grace note-』のルヴィアゼリッタ・エーデルフェルト役や、『魔術士オーフェンはぐれ旅』のレティシャ役などを務めている。

プランダラの作品情報

https://twitter.com/NipponColumbia/status/1217645867617808384

作品概要

プランダラは、キャラクターのビジュアルや世界観などからも、幅広い年齢層から人気の高い漫画で、2015年から『月刊少年エース』に連載されています。
現在14巻まで発売されている漫画は、累計80万部以上とも言われており、2020年1月からのアニメ化以外にも、声優によるラジオなども配信されており、幅広く人気を集め、知名度も高まっている作品です。

数字が全てを物語る世界の中で、様々な登場人物が出会い、戦いのシーン以外にも恋愛要素やギャグ要素なども多く含んでいるため、ストーリー展開はもちろんですが、キャラクターを楽しみたいというファンも多いようです。

アニメも放映が始まったばかりなので、漫画とあわせてどのような展開になっていくのか、今後も目が離せない作品です。

予告動画

プランダラを見た人の感想

プランダラのアニメ動画を観た人の感想をいくつかピックアップ!

おすすめの記事