やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
スポンサーリンク

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-完-』通称『俺ガイル』のアニメ3期がいよいよ2020年4月に放送開始!

今回はその大人気アニメ俺ガイルのアニメを無料視聴する方法を紹介します。さらにネタバレやあらすじも公開しています。

*コロナウイルスの影響により放送開始が延期となってしまいました。

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』を無料視聴する方法

「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」を1話から見直したい、見逃した回を見たい!という方におすすめの方法があります。

それは動画配信サービスの無料期間を利用することで、今すぐ「俺ガイル」を無料視聴することができます。

高画質でストレスなく見るには公式の動画配信サービスが絶対にオススメです♪

サービス名 配信状況 公式サイト

見放題
×
配信なし
×
配信なし

「俺ガイル」は現在1期と2期がU-NEXTで配信されています。

U-NEXTでは登録後31日間無料体験をしているので、期間内に解約手続きをすれば完全無料でやめることができます。

さらに「俺ガイル」以外のアニメ作品の取り扱いも多く、マンガを読めたり映画も見れますのでオススメです。

「俺ガイル」をU-NEXTで無料視聴する方法
  1. 31日間の無料体験キャンペーンに登録をする。
  2. 俺ガイルを視聴する。
  3. 他のアニメ好きなだけも視聴する。
  4. 31日以内に解約すれば無料!

\スマホやテレビでも視聴可能!/

本ページの情報は2020年4月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-完-』の各話のあらすじ(ネタバレあり)


屁理屈をこねながら「ひとりぼっち」を極めようとしていた比企谷 八幡は、とあるきっかけで生徒の悩みを解決する「奉仕部」に入部することになった。
同じく部員の雪ノ下雪乃と由比ヶ浜結衣と共に数々の悩みや相談を解決していく中、八幡と結衣は雪乃から“最後の依頼”を受けることになる…。

第1話「やがて、季節は移ろい、雪は解けゆく。」

曇天の空から雪が降りつのる中、雪乃からの依頼を聞く八幡と結衣。
「私の依頼は一つだけ。あなたたちに、その最後を見届けてもらいたい。」
雪乃の言葉を2人は受け入れ、一緒に雪乃のマンションに向かうのだが…。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。アニメ公式サイト
感想と考察
随時追加予定

第2話「」

随時追加予定

感想と考察
随時追加予定
俺ガイルを見るなら
  1. 31日間の無料トライアル期間あり!
  2. 日本最大級170,000本以上の動画配信数!
  3. 最新コミックもすぐに読める!
  4. アダルト18,000本が見放題!
  5. 期間内に解約すれば月額料金は一切不要!
\過去作やアニメ映画も見れる!/

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-完-』の声優情報

比企谷 八幡(ひきがや はちまん)/CV.江口拓也

人付き合いがうまくいかない経験から屁理屈で一人ぼっちを好む男子高校生(総武高校2年F組)。
「青春とは嘘であり、悪である」という作文を書いたところ生活指導の教師・静に目をつけられて「奉仕部」に入部されられる。
持ち前の洞察力も生かしながら八幡の独自の理屈で生徒の悩みや相談事を解決していく。

 

雪ノ下 雪乃(ゆきのした ゆきの)/CV.早見沙織

美人で成績優秀、頭脳明晰という文字通りの才色兼備ヒロイン。さらには初めて挑む運動や楽器なども3日あれば習得するなど吸収力もずば抜けている。しかし、方向音痴の面があるなど可愛いギャップも。
そして、雪乃も人付き合いがうまくできないタイプ。八幡のことを異性として意識している。

由比ヶ浜 結衣(ゆいがはま ゆい)/CV.東山奈央

奉仕部に出入りするうちに部員となった女子生徒。
いわゆる学校の最上位グループに入っているギャルであり、人脈は広くコミュニケーション能力もある。
ギャルだが意外にも男女交際はなく、八幡のことを異性として意識していても気持ちは伝えられていない。

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。-完-』の作品情報

作品概要

原作はガガガ文庫(小学館)で連載されているライトノベル小説です。
『月刊ビッグガンガン』や『月刊サンデージェネックス』で漫画の連載もされており、アニメも3期続く大人気作品となっております。

原作:渡 航
キャラクター原案:ぽんかん⑧
監督:及川 啓
シリーズ構成:大知慶一郎
キャラクターデザイン:田中雄一
撮影監督:中村雄太
音楽制作:NBCユニバーサル・エンターテイメント/マーベラス
制作スタジオ:feel.

予告動画

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』シリーズ

 

こちらの記事がよく読まれています
スポンサーリンク
おすすめの記事