鬼滅の刃
スポンサーリンク

善逸(ぜんいつ)の名言・迷言を2020年2月現在、19巻まで出ている単行本から厳選してまとめました!
鬼滅の刃・我妻善逸はネガティブで情緒不安定で一見頼りない剣士に見えますが、実は眠ると強いというギャップが素敵なキャラクターです。
彼が発言する言葉はクスッと笑えるものもあれば、剣士・男・人として格好いいものもあります。

善逸の名言

善逸の名言は割とレアです
どちらかというと迷言の方が多いのでですが、今回は貴重な名言をまとめてみました。


「炭治郎…俺…守ったよ…お前が…これ…命より大事なものだって…言ってたから……」
(3巻25話)

 

「でも俺は人によく騙された 俺は自分が 信じたいと思う人をいつも信じた」(4巻26話)

 

「俺は 俺が一番自分のこと好きじゃない ちゃんとやらなきゃっていつも思うのに 怯えるし逃げるし泣きますし変わりたい ちゃんとした人間になりたい」(4巻33話)

 

「泣いてもいい 逃げてもいい ただ諦めるな 信じるんだ 地獄のような鍛錬に耐えた日々を」
「お前は必ず報われる 極限まで叩き上げ 誰よりも強靭な刃になれ!!」
「一つのことを極めろ」(4巻34話)

 

「でもさぁ できなかったことできるようになるの嬉しいよね 炭治郎は俺をずっと励ましてくれたよ いいお兄ちゃんだねぇ禰豆子ちゃん」(6巻51話)

 

「どんな強そうな人だって苦しいことや悲しいことがあるんだよな だけどず––––っと蹲ってたって仕方ないから 傷ついた心を叩いて叩いて立ち上がる」(8巻67話)

 

「獪岳 鬼になったお前を 俺はもう兄弟子とは思わない」(17巻143話)

 

「俺がカスならアンタはクズだ 壱ノ型しか使えない俺と壱ノ型だけ使えないアンタ 後継に恵まれなかった爺ちゃんが気の毒でならねぇよ」(17巻144話)

 

「どんな時もアンタからは不満の音がしてた 心の中の幸せを入れる箱に穴が開いてるんだ どんどん幸せが零れていく その穴に早く気づいて塞がなきゃ 満たされることはない」(17巻145話)

こちらの記事がよく読まれています
スポンサーリンク
おすすめの記事