スポンサーリンク

鬼滅(アニメ)13話ネタバレあらすじと感想などを紹介!いよいよ炭治郎が響凱(きょうがい)と対決します!
鼓を使う技に苦戦する炭治郎ですが、果たして響凱の首を落とすことはできるのでしょうか…!?

そして!「鬼滅の刃」13話を見逃してしまった方もアニメ動画を無料で見る方法やネタバレあらすじと感想などをご紹介します!

鬼滅(アニメ)13話のネタバレあらすじ

鬼滅(アニメ)13話では響凱との戦いが始まります!
無事に清を見つけてる子と再開させることができた炭治郎ですが、響凱を倒さない限り兄妹を守り抜いたとは言えません。
さらに、戦いの最中に響凱の過去が明らかに…

決着と響凱の過去

鼓を叩くことで部屋の回転と攻撃を出せる響凱だが、炭治郎は怪我の影響で思うように響凱に攻めることができず苦戦する。
響凱はさらに鼓を打つ速度を上げて、さらに強い攻撃を繰り出す。
何か策はないかと頭を使いたい炭治郎だが、部屋の回転の対応や攻撃の回避に精一杯でうまく頭が使えないでいた。
すると、響凱の攻撃によりへの家具が倒れ、タンスの中から作文用紙がハラハラと舞って落ちた。
炭治郎は紙を踏まないように着地すると、そのおかげで怪我が痛まない体の動かし方と呼吸の仕方を思い出す。
さらに、爪の攻撃の前にはカビのようなニオイがすると気づいた炭治郎はうまく攻撃を避け羅れるようになっていく。
水の呼吸を使ってどんどん間合いをつめ、炭治郎は響凱に「君の鬼血術は凄かった」と言って首を斬るのであった。

首だけになった響凱は炭治郎に「小生の…鬼血術は…凄いか…」と確認すると、炭治郎は「凄かった」と答え、続けて「でも人を殺したことは許さない」と言った。
そして、響凱が消える前に愈史郎が作った道具で鬼の血を採取した。
採取した血は珠世の使いネコが回収した。

響凱は過去、伝奇小説を書く文筆家だった。鬼になった後も執筆していたが、その小説が認められたことはなかった。
知人に「つまらないんだよ君の書き物は。全てにおいてゴミのようだ。美しさも儚さも凄みもない」と酷評され、さらには趣味の鼓の腕前までにも嫌味を言われた。
響凱はそれに怒り、知人を殺してしまったことがあった。
しかし、炭治郎が戦闘中に作文用紙を踏まなかったこと、そして鬼血術を凄いと言ってくれたことに響凱は「小生の鬼血術も鼓も認められた…」と涙を流して消えていくのだった。

炭治郎の命よりも大事なものを守る善逸

響凱を倒した炭治郎は、すぐに清とてる子を迎えに行って外に出た。
すると、そこには猪頭が善逸を殴り蹴っていた。
そばには正一が泣きながらその現場を見ていた。

顔が腫れ、血を流す善逸は炭治郎が担いでいた木箱(禰豆子が入っている箱)を抱き抱えながら「炭次郎…俺…守ったよ…お前が…これ…命より大事なものだって…言ってたから」と言った。

鬼滅(アニメ)13話の感想・考察

鬼滅(アニメ)13話で響凱の過去が判明しましたね。元とは言え十二鬼月…炭治郎が怪我をしていたとはいえかなり強い鬼血術でした。
この強さでも現役の十二鬼月に慣れないということは、もっと強い鬼が存在するということなのでしょう。
響凱は鬼になっても小説を書いていたようなので、炭治郎が戦っていた部屋から作文用紙が出てきたということはあの屋敷は響凱の自宅だったのでしょうか。
最後には善逸が禰豆子の入った箱を痛みに耐えながら守っていました。あの猪頭が箱を壊そうとしていたから守っているのだと思うのですが、もしかすると鬼の禰豆子が入っていることに気づいている可能性もありますね。

鬼滅(アニメ)13話の次回展開予想

14話:藤の花の家紋の家

鬼滅の刃13話で善逸は箱を一生懸命守ってくれていました。
14話ではこの箱を巡って3人がやり取りをするでしょう。禰豆子の存在を明かすことになるとは思いますが、鬼とわかれば鬼殺隊である善逸と猪頭は混乱するはずです。
鬼を連れた鬼殺隊なんて炭治郎しかいないでしょうしね…。

鬼滅(アニメ)13話まとめ

鬼滅の刃13話では響凱という強い鬼との戦いがものすごく見応えがありました!
普通の戦いではなく、鬼血術の攻略法を考えながらの戦いになるので、いつも展開がわからないので面白いですね。
敵にも悲しい過去があるので、人を殺したことは許せなくてもどこか同情してしまいそうな部分があるのも鬼滅の刃が人気の理由でしょう。

次回もとても楽しみです!

スポンサーリンク
おすすめの記事