アニメ鬼滅の刃あらすじネタバレ
スポンサーリンク

今回は鬼滅(アニメ)12話ネタバレあらすじと感想などを紹介!

鬼滅(アニメ)12話ではいよいよ鼓屋敷の鬼・響凱(きょうがい)との対決が始まります。
善逸や謎の猪頭の男など、新しい人物も続々と登場してきました!

鬼滅(アニメ)12話のネタバレあらすじ

鬼滅(アニメ)12話では鼓の音と同時に間取りが変わる屋敷に閉じ込められた炭治郎と善逸のそれぞれの対決から始まります。
屋敷には3匹鬼がおり、それは清の血を巡って争い合っていたようだった。
その中で、炭治郎は鬼と遭遇し戦闘に入るも苦戦を強いられてしまう…

眠ると強くなる我妻善逸

鬼・響凱(きょうがい)に出会した炭治郎。そこに猪の頭をかぶった男も乱入してきた。
その猪男は響凱に立ち向かうが、異能を使う鬼のため何度きりかかっても近づくことすらできなかった。
すると、とうとう鬼から攻撃を仕掛けてきた。体の1つの太鼓を叩くと突然畳が裂け、巨大な爪痕のようなものが残った。
どうやら鬼は直接手を下すのではなく、太鼓を叩くことで何か攻撃を飛ばしているのである。

すると、鬼が太鼓を叩いてないにもかかわらずまた部屋の間取りが変わってしまった。
再び室内の探索に戻る炭治郎とてる子。
とある部屋から少量の血のニオイがしたため炭治郎が扉を開けると、そこには鼓を持った少年がいた。

一方、善逸は恐怖でつい大声を出してしまったりする状態にあり、ついに鬼に見つかってしまう。
しかしこの鬼は響凱ではない別の鬼だった。
鬼に追いかけられ、部屋の一室に追い詰められた時、なんと善逸は急に眠ってしまったのだ
チャンスを言わんばかりに鬼は正一に向かって舌を伸ばすと、一瞬のうちに舌が切れて飛んで行った。
眠っているはずの善逸は立ち上がり、目にも止まらぬ速さの剣術であっという間に鬼の首を切って退治したのだ
その後、善逸は目を覚ましたが、自分が鬼を退治したことは覚えておらず、正一が退治したと思って感謝をするのであった…。

善逸は普段恐怖と緊張でうまく体を動かせないが、その緊張と恐怖が極限を超えると眠りに落ちるらしい。
我妻善逸は眠ると強くなるという変わった一面があった。

猪突猛進と稀血

一方、猪頭も間取りが変わったことによりまた屋敷内を走っていた。
正面からはまたもや響凱とは別の鬼。
しかし、猪頭は1ミリも怯むことなくあっさりとその鬼を飛ばしてしまったのであった。

場面は戻り炭次郎。
部屋にいた鼓を持った少年は正一とてる子の兄・清だった。
清が無事であったことに安堵し、炭治郎は清から事情を聞く。

どうやら清は稀血という珍しい血を持った少年で、その血を持つ人間を1人食べれば100人食べたのと同じ栄養があるらしかった。
そのため清は鬼に連れさらわれたが、屋敷には響凱以外に鬼が2人いて誰が稀血の清を食べるか争い合ったのだそうだ。
その際、響凱の体から鼓が取れてしまい、清はとっさにその鼓を拾って叩くと部屋の間取りが変わったらしい。
それから清は何か物音がしたり鬼を見かけるたびに太鼓を叩いて間取りを変え、自分の身を守っていた。
響凱が鼓を叩いていないのに部屋の間取りが変わったのは清が原因だったのだ。

炭治郎は響凱を探し退治するため、清とてる子は一緒にいるようにと言う。
炭治郎がまた必ず迎えにくると誓い、その時は2人の名前を呼ぶと約束した。

元・十二鬼月の響凱と“折れた”炭次郎

響凱は十二鬼月だったが、人間を多く食うことができなかったため強くならず、無惨を失望させてしまい、十二鬼月の位を取り消されてしまった過去があった。
そのため、稀血の清を食べて強くなり、もう一度十二鬼月に戻りたいと考えていた。

炭治郎と響凱は再び対立した。
鼓と部屋の変化を観察した結果、
右肩の鼓→右回転
左肩の鼓→左回転
右脚の鼓→前回転
左脚の鼓→後ろ回転
腹の鼓→爪の攻撃
と言う仕組みを理解できた。

しかし、炭治郎は前回の任務での怪我が完治しておらず、声を貼るだけで痛みが走る状態だった。
万全の状態じゃないまま鬼と戦うことに殺されてしまうかもと言う怯えがあり、心が折れてしまっていた。
だが、自分で自分を一生懸命に励ましてなんとかもう一度刀を構えるのであった。

スポンサーリンク

鬼滅(アニメ)12話の感想・考察

鬼滅(アニメ)12話で連れ去られた清を見つけ、無事に兄妹を引き合わせることができた炭次郎。
敵はまだ屋敷内におり、油断できる状態ではありませんが、
善逸や猪頭が他の鬼を意外とあっさり倒してしまいとても頼りになる同期たちだなあと妙に感心してしまいました。
炭治郎は一番強い鬼と戦うことになりますが、あばらと脚そして心までも折れている状態でした。
万全の状態じゃないに加え、相手は元・十二鬼月元とはいえ強い存在でしょう。
手毬鬼と同じくなかなか相手の間合いまで攻め込めない不利な状況となっています。

鬼滅の刃13話の次回展開予想

13話:命より大事なもの

鬼滅(アニメ)12話の段階では炭次郎1人ではちょっと不安な今回の対戦。
しかし、屋敷内には善逸と猪頭がいるのでどちらか1人でも助けに来てくれるのでは…と、思いましたが
善逸は恐怖に弱く、猪頭はとりあえず猪突猛進!といった感じで人と協力するようには残念ながら見えません…笑
禰豆子もいませんし、炭治郎にとっては辛い戦いになるのではないかと予想しています。

鬼滅(アニメ)12話まとめ

鬼滅(アニメ)12話は戦闘シーンが多く、ワクワクする場面が多かったように思います!
猪頭は隊服を来ていなかったので本当に鬼殺隊なのか…?と言う疑問も少しありましたが、
日輪刀を持っていましたし呼吸を使って戦っていたのでやはり鬼殺隊に間違いはないようですね!

次回もとても楽しみです!

スポンサーリンク
おすすめの記事