アニメ鬼滅の刃あらすじネタバレ
スポンサーリンク

鬼滅(アニメ)11話のネタバレあらすじと感想などを紹介!

鬼滅(アニメ)11話では新しい人物が登場。炭治郎にとっては少々印象が悪い出会いとなっているような気はしますが、不思議な魅力を持つ少年です。
さらに新しい任務先には怯える兄妹とも出会います。

鬼滅(アニメ)11話のネタバレあらすじ

鬼滅の刃11話で炭治郎は次の任務先・南南東へ向かう途中、女性にすがるように求婚する謎の金髪男に遭遇する。
それは炭治郎が受けた最終戦別で一緒に合格していた同期・我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)と言う人物だった。
情緒不安定でネガティブな善逸に手を焼きつつも、次の任務先へと一緒にいくことに。
すると、一軒の屋敷から“ニオイ”と“音”がするのであった…

同期・我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)

南南東へ向かう途中、女性に泣きついて求婚をする金髪の男に遭遇した炭治郎。
求婚されている女性はひどく困っており、炭治郎は注意をして女の子を解放した。

その男は我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)
善逸は隊服を見て炭治郎が同じ最終戦別を受けた人物だと分かっていたが、炭治郎は覚えていないようだった。

どうやら女の子は道端で具合が悪そうにうずくまっていた善逸を心配して声をかけたところ、
善逸は「俺のことが好きだから心配して声をかけてくれた」と勘違いしての求婚だったらしい。
自分のことを弱いと自負する善逸は「俺が結婚できるまでお前(=炭次郎)は俺を守れよな」と謎の依頼をする。

善逸は過去、女に騙されて借金を抱えていたが、育手に借金を肩代わりしてもらう代わりに剣士になったのだという。
自分の本心で剣士になったわけではなく、運が良いだけで最終戦別に受かったと思っているため日々いつ死ぬかわからない恐怖を感じているらしかった。

そんな善逸に軽蔑の視線を向けながらも、カラスの指示により共に次の任務目的地へと向かうことになったのであった。

鼓屋敷

とある屋敷につくと、炭治郎は血のニオイに気づく。
しかし、一方で善逸はニオイには全く気づかず、その代わり音がすると言う。
屋敷の近くには幼い兄妹・正一てる子が身を寄せてこちらを見ていた。
炭治郎が事情を聞くと、どうやらこの兄妹には一番上の兄・がおり、その清が屋敷にいるバケモノに連れ去られたらしかった。

すると、善逸が家の中から鼓のような音がすると言う。炭治郎には聞こえなかったが、屋敷に視線を移した瞬間2階の窓から男が落ちてきた。
男は清ではなかったが、途切れ途切れに「やっと外に出られたのに…」と言い残して絶命した。

炭治郎は万が一のために禰豆子の入った箱を正一とてる子の元に置き、「何かあっても二人を守ってくれる」と説明した。
善逸はひどく怯え、屋敷に入ることを恐れ拒否したが、炭治郎の般若のような顔を見て渋々一緒に屋敷の中へ入ることに…。
炭治郎は手毬鬼と矢印鬼との戦いであばらと脚を骨折しており完治していなかった。それを聞いた善逸は万全の状態じゃ無い炭治郎に絶望する。

そこに、なぜか外で待っているように言った正一とてる子が屋敷に入ってきた。炭治郎の置いた箱(=禰豆子が入っている箱)からカリカリと変な音がして怖くなり、2人の後をついてきたのだと言う。
そのとき、屋敷の中を何か大きなものが移動するような音が響いた。
驚いた善逸の体が炭治郎とてる子にぶつかり部屋の仕切りを超えた瞬間、鼓の音ともに部屋の間取りが変わった。
炭治郎とてる子、善逸と正一が分断されてしまったのだ。

その後も鼓の音と共に部屋の間取りが変わり、出口を見失ってしまう。
途中、頭に猪の被り物をした謎の人物と鉢合わせして善逸は恐怖と混乱で取り乱し、正一に軽蔑の視線を向けられるのであった。

一方、炭治郎とてる子両肩、腹、両脚に鼓が生えた鬼・響凱(きょうがい)と遭遇。
攻撃をしようと刀を抜いて立ち向かうと、響凱は生えた鼓を叩いて部屋を回転させた。これが響凱の鬼血術であった。
すると「猪突猛進!猪突猛進!」との叫びと共に猪の被り物をした男が扉を破って登場した。

鬼滅(アニメ)11話の感想・考察

鬼滅(アニメ)11話では屋敷につくと、炭治郎は鼻が利くのでいつも通り血のニオイを察知したようですが、善逸は音に気づいていました。
おそらく善逸は炭治郎が鼻が利くのと同じように耳がとてもよく、音を拾うことに優れているのでは無いのでしょうか。
自分が気づかない武器、と言ったところでしょうかね。
しかし今回は子供を守りながらの戦闘になると思われます。
禰豆子は屋敷の外に置いていますし、炭次郎にとって一人で人を守りながら敵と戦うのは初めてになりますね。

離れ離れになったことにより善逸の実力も見れそうですし、猪男も謎すぎるので正体が気になるところです。
最終戦別では姿はなかったですが、合格の場にいなかったもう1人の合格者かもしれませんね。

スポンサーリンク

鬼滅(アニメ)12話の次回展開予想

12話:猪は牙を剥き 善逸は眠る

鬼滅(アニメ)11話では頼りない善逸でしたが、12話のタイトルには「善逸は眠る」とあり、とても気になる予告となっております。
今のところお世辞にも頼りになる様子がない善逸…。果たして正一を守りながらこの屋敷を切り抜けられるのでしょうか。
最終戦別で生き残っているとはいえ「鬼に出会わずに合格した」とは一言も言っていませんし、きっと何か勝つ理由があるはずです。
猪頭は二刀流で刃が独特の形をした刀を持っていました。
水の呼吸を扱う炭治郎とは違い、この2人も別の呼吸を使って鬼を倒していくのでしょう。

鬼滅の刃(1期)を見るなら
  1. 31日間の無料トライアル期間あり!
  2. 日本最大級170,000本以上の動画配信数!
  3. 最新コミックもすぐに読める!
  4. アダルト18,000本が見放題!
  5. 期間内に解約すれば月額料金は一切不要!
\過去作やアニメ映画も見れる!/

鬼滅(アニメ)11話まとめ

鬼滅の刃11話は新しい登場人物が2人(鬼や兄弟は除く)も出てきて、これからの炭治郎との関係性が広がり物語がより盛り上がる1話となった気がします。
鬼の縄張りに入り、鬼にすら近づくことができていない状態ですが
炭治郎は頭もいいのできっと何か打開策を出すのでしょう。

次回もとても楽しみです!

スポンサーリンク
おすすめの記事