アニメ鬼滅の刃あらすじネタバレ
スポンサーリンク

鬼滅(アニメ)10話のネタバレあらすじをご紹介します!鬼滅(アニメ)10話では矢印鬼と炭治郎のギリギリの中での戦いや、手毬鬼と禰豆子の対決が目が離せません。
炭治郎と禰豆子。兄妹の力で自称・十二鬼月の鬼2匹に勝利はできるのでしょうか!

鬼滅(アニメ)10話のネタバレあらすじ

鬼滅(アニメ)10話で矢印鬼の首を斬った炭治郎だったが、矢印鬼は最後の力を振り絞って炭治郎に攻撃をする。
矢印に振り回され、水の呼吸の型を出し続けて身を守る炭次郎。
体力の限界が迫る中、手毬鬼の方も禰豆子が戦闘を続けていた。
そして、珠世がついに立ち上がる…

炭次郎戦闘不能…!?

炭治郎が矢印鬼の首を斬った。しかし、矢印鬼は「お前も道連れだ」と言って最後の力を振り絞って炭治郎にたくさんの矢印を付けた。
四方八方に飛ばされる体。建物や塀、木などに体を強く打ち付けられては命が持たないため水の呼吸の型を連続で出して衝撃を和らげていた。
すでに炭治郎の体力は限界を超えており、矢印の技が全て出切った頃には刀も握れないほど体力が尽きており、体もひどく負傷してしまっていた。
また手毬鬼が生きており、禰豆子と愈史郎が相手をしているため炭治郎は焦ってしまう。

一方、手毬鬼の毬を蹴り返そうとして片足を欠損した禰豆子だったが、珠世の打った鬼専用の回復薬のせいで元に戻っていた。
そして、珠世が打ったのは回復薬にもかかわらず、なぜか禰豆子は強くなっていた。
毬を難なく蹴り返せるようになっていたのだ。
それは人の血肉を口にしない禰豆子が自分の力で強くなっていることを意味していた。

しかし、手毬鬼も強者のため全力で来られると全員の命が危なかった。
そこで、珠世は意を決して前に出る。

鬼舞辻無惨の呪い

珠世は「鬼舞辻の正体をご存知ですか?」と問うと、手毬鬼はひどく動揺した。
「あの男はただの臆病者です。いつも何かに怯えている。」と言葉を続けると手毬鬼はさらにうろたえた。

珠世は「鬼が群れることができない理由を知っていますか?」と質問を続ける。
それは鬼たちが鬼舞辻を束になって襲って来るのを防ぐために、鬼舞辻が鬼を操作しているためだと珠世は説明した。
すると、手毬鬼は思わず反論。つい「鬼舞辻様は…」と名前を発してしまった。
珠世は、脳の機能を低下させて秘密を守ったり嘘を付けなくする自白剤のような術をひっそりと使っていたのであった。

鬼舞辻の名前を発した鬼は呪いが発動し、手毬鬼の体から手が生えて体と頭を潰されて行った。
基本的に日の光と日輪刀しか致命傷は与えられないが、鬼舞辻は鬼の細胞を破壊することができるようだった。
鬼たちが鬼舞辻の名前を発すると、呪いが発動して細胞が破壊されてしまうのである。

珠世が飛んでいた手毬鬼の眼球を確認すると、瞳に数字が刻まれていないことが発覚する。
手毬鬼は自分たちが十二鬼月だと名乗っていたが、本当の十二鬼月は瞳に数字が刻まれているのだという。
おそらく手毬鬼と矢印鬼は、鬼舞辻無惨から十二鬼月であると踊らされ駒にされたのだと推測した。

手毬鬼は死ぬ間際、途切れ途切れながら「毬で遊ぼう」と言葉を発した。
それは小さな子供のようで、おそらく手毬鬼が人間だった頃の記憶だと思われたのであった。

兄妹愛

戦いを終えた後、日が上ったため珠世、愈史郎、禰豆子は屋敷の地下に移動していた。
炭治郎もそこへ向かうと、そこには珠世に抱きつく禰豆子の姿が。さらには愈史郎の頭を撫でていた。
珠世は母に、愈史郎は弟に見えていたのだ。珠世と愈史郎は鬼だが、禰豆子は人間と判断して敵から守ったのだ。

鬼舞辻に近づきすぎた珠世と愈史郎はまた身を隠すため屋敷を離れることにした。
その際、炭治郎に禰豆子をこちらで預かりましょうかと提案をする。これから危険な任務を禰豆子を連れながらでは大変だろうと言う気遣いだった。
その提案に迷う炭治郎だったが、禰豆子は炭治郎の手を握り何かを覚悟しているような目で見つめた。

もう2度と離れ離れにならないと心に決め、炭治郎は禰豆子と旅を続けることにしたのであった。

謎の金髪の少年

珠世と愈史郎と別れ、次の任務先である南南東を目指す炭次郎。
すると途中、女性に求婚する謎の金髪の男がいた。

「いつ死ぬかわからないんだ俺は!だから結婚してほしいと言うわけで!頼むよォー!!」

泣きながら女性に抱きつき懇願する男の姿に、炭治郎は少々引き気味で困惑するのであった…。

鬼滅(アニメ)10話の感想・考察

鬼滅(アニメ)10話で愈史郎も戦闘に大きく検討すると予想していましたが、最後は珠世が手毬鬼を倒す展開だったので少し意外でしたね。
手毬鬼は死際、手毬で遊びたがっていました。おそらく人間の頃は毬遊びが好きな可愛い少女だったのでしょう。

また、禰豆子の戦闘能力の向上が凄まじかったです。
回復するたびに強くなるのではなく、禰豆子自身の力で力が強くなっていると言う珠世の解説によると、守りたいものを守るために自分自身が強くなって体がそれに順応して行っているのかなと思いました。

スポンサーリンク

鬼滅(アニメ)11話の次回展開予想

11話:鼓の屋敷

鬼滅(アニメ)10話の最後に登場した金髪の子は炭治郎が受けた最終戦別にいた男の子ですね。
お世辞にも剣士らしいとは言えない様子ですが、合格したとなれば強い剣士のはず…。
11話からこの男の子が絡んでくるようですが、この子はキービジュアルにも登場しているので炭治郎と行動を共にする人物であることは間違い無いでしょう。
しかし、女性に求婚する姿はなんとも頼りなさそうな印象を受けました…笑

鬼滅(アニメ)10話まとめ

鬼滅(アニメ)10話ではギリギリで仲間の助けがあったとは言え強い鬼を倒した炭治郎。
自分の力を強くしていかなければいけないのはもちろんですが、協力できる仲間を持つ大切さも実感させられました。
そして、どんなにひどい鬼でも人間のことは普通に幸せな人生を送っていた過去があることがわかりました。
手鬼のときもそうですが、死際に過去の記憶が戻ると言うことがあるようですね。

次回はいよいよ新キャラが登場!とても楽しみです!

スポンサーリンク
おすすめの記事