『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』動画配信で無料で見る方法
スポンサーリンク

動物だちがいきなり町に現れて、大パニックに陥る…という、当時の最新映画技術が使用され、大ヒットした映画『ジュマンジ』。

そんな前作の27年後から物語は始まり、現代へと続いていく謎多きゲームとして復活をするのが『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』です。

前作ではボードゲームとして登場をしていたジュマンジは、今回果たしてどのような形で復活し、一体どんなストーリーとして楽しませてくれるのでしょうか?!

内容やストーリー展開も気になる『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』を、本日はご紹介致します!

映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』作品情報

公開日:2018年4月6日
上映時間:119分
ジャンル:アドベンチャー/アクション
原作:クリス・ヴァン・オールズバーグ
監督:ジェイク・カスダン
脚本:マット・トルマック ウィリアム・ティートラー

作品概要

『ジュマンジ』といえば、1995年に公開された大ヒット映画です。映画自体は見たことがない、ストーリーは知らないという方でも、一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。本作はそんな『ジュマンジ』の続編にあたり、『ワイルドスピード』シリーズなどでも知られるドウェイン・ジョンソンが主演を務めており、アドベンチャー・アクション映画として素晴らしい作品に仕上がっています。

『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』は、前作『ジュマンジ』の続編ではありますが、ストーリーや登場人物なども違っていますので、実は前作『ジュマンジ』を見ていない方であっても、十分に楽しめる映画としてつくられているのです。

現実世界にいる主人公が、いきなりジュマンジの世界に飲み込まれてしまい、様々な冒険を繰り返しながら欠けたピースを探していく…というのが、大まかな『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』のストーリーです。

数々のヒット作品が毎年生み出されていくアメリカは、まさに映画の激戦区。2017年も数々の話題作がでていき、この年に中でも注目されていたのが映画『ゲット・アウト』。しかし、まさかの2017年の終わりがけに、『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』が登場したのです。他にも『グレイテスト・ショーマン』や『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』など、日本でも大人気となった映画が数々登場していたのにも関わらず、そんな作品を押しのけてでてきたのが、『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』だったのです。

1995年に大ヒットした『ジュマンジ』の続編とは、一体どんなストーリー展開になっているのか…世界が大注目しました。

この映画の配給はソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント。数々のヒット作品を世にだしてきたソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントではありますが、一番の大ヒットと世間からも言われていたのがあの『スパイダーマン』シリーズでした。

アメリカのコミックや、日本の人気テーマパークにも登場をしているため、知らない人はいないのではないかと思われるような、大ヒットキャラクターといっても過言ではないでしょう。

しかし、『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』は、なんと歴代1位の興行を記録。あの『スパイダーマン』シリーズの記録を塗り替えてしまうほどの大ヒットだったのです。

「なぜここまでヒットしたのかわからない」と、なんと監督のジェイク・カスダンさえも驚愕だったそう。映画関係者でさえ、驚いてしまうような本作のヒットぶり…。やはり前作の人気が高いだけあって、たくさんの人々から注目されていたのでしょう。

しかし、なぜここまで大ヒットしたのか…という本当の答えは、やはり大人だけでなく子供にも人気がでた作品であったからだと思います。動物たちが町に現れ、大パニックになった『ジュマンジ』や、宇宙などもテーマにされた『ザスーラ』という兄弟作品も含めて、子供の遊び心をくすぐるような作品なのです。

実際に、「キッズ・チョイス・アワード」という全米3000万人の子供が選ぶ賞では、『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』は2018年のフェイバリット映画賞を受賞しています。この賞を受賞したことで、子供からの人気も高いということがはっきりと証明されています。

これだけアメリカの子供に人気の高い本作は、是非日本の子供、もちろん家族で楽しんでほしい映画の一つです。

テレビアニメの劇場版が数多く上映されるのが、日本の4月の映画館の特徴です。テレビアニメだけではなく、本作のような実写映画も是非、家族での映画鑑賞候補に入れてみてはいかがでしょうか。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルを無料で見る方法

すでに続編が公開されているジュマンジですが、ウェルカム・トゥ・ジャングル、初代ジュマンジをU-NEXTで見ることができます!

映画・アニメを見るなら!
U-NEXTの特長
  1. 31日間の無料トライアルキャンペーン中!
  2. 日本最大級160,000本以上の動画配信数
  3. 漫画30万冊以上!
  4. アダルト4万本が見放題!
  5. 無料体験でもらえる600ポイントで映画鑑賞が最大半額に!
\今すぐジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルを見よう/
▼登録・解約方法は下記からチェック▼

予告動画

映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』あらすじ

あの伝説のボードゲーム・ジュマンジは1996年、不気味に響き渡る太鼓の音とともに、ある一人の男性にて発見されました。
「面白いものを持ってきた」と、自分の息子であるアレックスにボードゲーム・ジュマンジをわたす男性。

親子関係が完全に冷めきっていた2人は会話もままならぬまま。「こんな時代遅れのゲームいらない」と棚の上に放置して、テレビゲームを続けるアレックス。明らかに古いジュマンジに、全く興味がもてなかったのです。

そして放置されたジュマンジは、瞬く間に青い光とともに、ボードゲームからテレビゲームのカセットへと変化。アレックスは驚きましたが、そのままカセットに変化したジュマンジをゲーム本体に差し込んでしまいます。差し込んだ瞬間、アレックスの身体はなんと、みるみるうちにゲームに吸い込まれていってしまい…

その事件からなんと20年が経ち、時代は2016年に。アレックスは20年以上もの間、行方不明のまま…という状態。父はいつもしかめっ面で家族からも嫌われ、20年という歳月でアレックスの家は薄汚れていました。

そして舞台は変わり、とあるアメリカの学校に通う高校生4人、スペンサー・フリッジ・ベセニー・マーサは、ある日校長先生に、宿題をさぼったり授業中に携帯を使用したりと、それぞれの理由から、学校への「居残り」を命じられていました。
授業後の居残りで4人に命じられたのは、教室の掃除やホッチキス外し。しかし地下の居残り部屋でなんとフリッジが、古いテレビゲームの機械とゲームソフトを発見。

そのゲームソフトには、「ジュマンジ」と書かれていたのです…。

夢中でゲーム「ジュマンジ」で遊ぼうとする4人。居残りのことなど完全に忘れて、ゲームをしようとキャラクターの選択をしていると、なんと体ごとテレビゲームの中に吸い込まれてしまうのです。
その後、4人は気がつくと、見たこともないジャングルの中。そして驚くことに4人それぞれの体は、ジュマンジで遊び始めるときに自分たちが選んでいたゲームのキャラクターそのものになっていたのでした。

驚くことに、ゲームのキャラクターになった4人は、自撮りが大好きな美女は地図専門家のデブ親父、ゲームオタクは勇敢で無敵な冒険家など…性別・身体・性格など、現実世界の自分とは、なにもかも違うキャラクターに入れ替わってしまうのです。

ジュマンジのゲームの世界に入り込んでしまったことを察する4人。姿かたちの違いだけではなく、自分たちが入り込んでしまったのは、危険な野生生物が数多く生息するジャングル。元の現実世界に戻るためには、この謎に満ちた危険なジャングルの危機を救い、自分たちの力でゲームをクリアしなければならないのです…
そんな絶望の最中、20年前にゲームの世界に入り込んでしまい、ゲームのキャラとして生きていたアレックスに出会った4人は、アレックスと共に5人での冒険を始めていきます。

果たして、4人はジャングルの危機を救い、無事に現実世界に戻ることができるのか。20年以上も前からゲームの世界に閉じ込められているアレックスはどうなってしまうのか…ジュマンジの世界にて繰り広げられる、大冒険がここから始まります。

映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』ネタバレ

ここからはネタバレが含まれます。ご注意下さい。

ジュマンジの冒険から2年が経ち、高校生だったスペンサー、マーサ、フリッジ、べサニーの4人はそれぞれ大学生活を送っています。

しかし、現実に悩んでいたスペンサーはブレイブストーン博士として活躍したあの時の興奮を再び味わいたく、実家に帰省した時にゲーム機を手にします。

実はスペンサーは前作で破壊したゲーム機を密かに回収し保管していたのです。それを修理しようして、壊れたままのゲームの世界に吸い込まれてしまうのです。

再会の約束をした日にスペンサーが現れなかったので、マーサ、フリッジ、べサニーはスペンサーの家を訪ねるとスペンサーがジュマンジに入ったことを知ります。

スペンサーを救出するためジュマンジにログインしようとする3人ですが、コントローラーを握るとゲームが誤作動を起こしマーサとフリッジはゲームに吸い込まれ、べサニーだけがその場に取り残されてしまいます。
そして、なんとべサニーの代わりにスペンサーのおじいちゃんエディとその友人マイロがゲームに吸い込まれていました。

エディとマイロは親友でしたが、彼らが営んでいた食堂の閉店をきっかけに不仲になっていました。マイロが十数年ぶりにエディを訪ねた日にゲームの世界に入ってしまいます。

キャラクター設定

一度破壊されたジュマンジはバグだらけで、キャラクター設定もめちゃくちゃ。
以前は弱点がなかったブレイブストーン博士にも弱点が設定されています。マーサは前回と同様のラウンドハウスになっていましたが、ブレイブストーン博士はスペンサーのおじいちゃんのエディでした。

そして、前回フリッジのアバターだったムース・フィンバー助手はエディの友人マイロ。フリッジはべサニーのアバターだったオベロン教授になっていました。

ゲームに不慣れなおじいちゃんたちを連れて、ゲームを進めながらスペンサーを探します。
そして、一行はミンという泥棒のスキルを持つキャラクターになっていたスペンサーと合流します。

ゲームクリアの条件と各ステージ

ゲームをクリアする条件は悪の勢力を奮っているセルゲンから平和の象徴の宝石ファルコンを取り戻し、太陽の光を浴びせてジュマンジと唱える」こと。
ファルコンを手に入れるため、一行はそれぞれの能力を駆使し砂漠、市場、吊り橋のステージを次々とクリアします。

砂漠では獰猛なダチョウの群れに遭遇しますが、ブレイブストーン博士の運転で切り抜けます。次のステージの市場では燃える炎を追って果実を手に入れると言う指令を受けていた一行は燃える炎を連想させる名前の酒場に入るとそこでブレイブストーン博士の元恋人に出くわします。

燃え上がる恋から燃える炎を連想して彼女を追いかけ、ジュマンジの果実にたどり着きステージをクリアします。吊り橋にたどり着いた一行は、橋を渡るには複雑な幾何学が必要だということに気が付きます。

オベロン教授のスキルを使って橋を渡ることに成功しますが、マンドリルの襲撃に遭います。そこに駆けつけた黒い馬のキャラクターになったべサニーとシープレーンのキャラクターになったアレックスによってマンドリルを撃退しステージをクリア。

べサニーは置き去りにされた後、何とかゲームに入ることに成功していました。

そして、キャラクター変更が出来る川を見つけた一行は、キャラクターを変更します。ブレイブストーン博士にスペンサー、ムース・フィンバーにフリッジ、オベロン教授にべサニー、黒い馬にマイロ、そしてミンにエディを設定して最終ステージのセルゲン要塞に向かいます。

結末・ラスト

要塞にたどり着いた一行は手分けしてファルコンを探します。
最終的にはブレイブストーン博士とセルゲンの一騎打ちの闘いが繰り広げられ、ブレイブストーン博士はセルゲンから宝石ファルコンを奪い返します。

スキルを使って空を飛べるようになった馬に乗ったエディに渡し太陽に照らして、一行が「ジュマンジ」と唱え見事ゲームをクリア。

一行は無事に現実世界に戻ることが出来ましたが、マイロだけは病気で死が近いのでペガサスとしてジュマンジに留まる決意をします。

映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』キャスト紹介

スモルダー・ブレイブストーン役/ドウェイン・ジョンソン

ゲームに入り込んでしまった高校生、スペンサーのアバターとして登場。

ジャングルでの冒険や戦闘において、マッチョな見た目のイメージ通りの、高い戦闘能力を発揮します。

1972年5月2日生まれ。身長196cmとかなりの巨体で、ザ・ロックと呼ばれ、元々プロレスラーであったことも有名な俳優です。

2001年に『ハムナプトラ2』で映画俳優としてデビューをし、プロレス・アメフトなどの過去の経験を生かし、アクション映画にも多く出演しています。主な出演作品には、『ワイルド・スピード』シリーズや、『ランペイジ 巨獣大乱闘』などがあります。

また、コミカルな演技や肉体はのアクション俳優としても高く評価されており、2013年にはハリウッドスター収入ランキングにて、5位にも入っています。ハリウッドスターとして不動の地位を確立している俳優です。

シェリー・オベロン教授役/ジャック・ブラック

高校生ベサニーが女性キャラだと勘違いをして選択されたキャラクター。

地図の専門家で、見た目はただの太ったおじさんです。

1969年8月28日生まれ。アメリカを代表するコメディ俳優の1人として知られています。

1992年に『ボブ★ロバーツ/陰謀が生んだ英雄』にて映画デビューを果たしています。2003年には『スクール・オブ・ロック』にも出演し、全米初登場1位という素晴らしい記録を残し、大ヒットしました。

その他、『キング・コング』『カンフー・パンダ』シリーズ、『ルイスと不思議な時計』などにも出演。演じるキャラクターは幅広く、個性的なルックスも含めてとても人気の高い俳優です。

ムース・フィンバー役/ケヴィン・ハート

大きなリュックを背負った動物学者。ブレイブストーン博士の相棒。小柄なため、戦闘能力は高くはありません。

高校生フリッジのアバターで、ギャップの激しい組み合わせというのも魅力の1つ。

1979年7月6日生まれ。コメディアンであり俳優でもある彼は、アメリカを中心に活躍中。

2000年から俳優としての活動をスタートさせており、『ペーパー・ソルジャーズ』にて2002年に映画デビュー。コメディアンとして影響を受けた人物の中に、エディ・マーフィーを挙げており、実際に2008年の映画『デイブは宇宙船』にてエディ・マーフィーとの共演も果たしている。

その他、『セントラル・インテリジェンス』や『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』などにも出演しており、本作で主演を務めるドウェイン・ジョンソンとも共演している。

ルビー・ラウンドハウス役/カレン・ギラン

見た目もセクシーでかっこよく、様々な武術にも優れている美女戦士。複数の相手にも恐れず立ち向かう勇敢さも魅力。

真面目で勉強好きな高校生、マーサのアバターです。

1887年11月28日生まれ。モデルとしても活躍しているスコットランドの女優です。

2006年に『Rebus』という映画で女優デビュー。見た目のインパクトも強かった『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの、ネビュラ役でも有名です。その他『アベンジャーズ』シリーズなどにも出演をしており、180cmという高身長を生かし、数々のアクション映画にも出演をしている女優です。2010年からは、『ドクター・フー』などのテレビシリーズなどでも活躍をしています。

シープレーン役/ニック・ジョナス

イケメンパイロット。飛行機の操縦だけでなく、カクテル作りも得意である。

1996年にゲームの中に入り込んでしまった、アレックスのアバター。

1992年9月16日生まれ。アメリカで活躍をする俳優・歌手です。

歌手としては、実の兄弟とジョナス・ブラザーズというバンドを結成しており、一度の解散を経て2019年に再結成。「サッカー」という曲で、全米シングルチャートにて1位を記録しています。

2001年には『アニーよ銃をとれ』にて、念願だったブロードウェーデビューも果たしており、その後立て続けに人気作、『美女と野獣』『レ・ミゼラブル』『サウンド・オブ・ミュージック』にも出演をしています。

映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』の見どころ紹介

『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』では様々な見どころがありますが、なんといっても、現実世界の高校生とは性別や性格、見た目も真逆のアバターが、ゲームの世界で暴れまわる…というのが、一番の見どころではないでしょうか。

例えば、気が弱く小心者のスペンサーは、性格も見た目も真逆で最強の男、スモルダー・ブレイブストーン博士に。不良の黒人フリッジも、これまた真逆の動物学者、ムース・フィンバーに。自撮りばかりしていた女子高生ベサニーが変身したのは、まさかのシェリー・オベロン教授…そのほか、セクシー美女戦士のルビー・ラウンドハウスには、地味で目立たないマーサが変身など。

この真逆ぶりを演じるのもなかなかのスキルやセンスが必要なようにも感じますが、それぞれのコミカルな演技が痛快で、時に漫才のようにも見える掛け合いもなかなかの見どころです。高校生らしさをしっかりと出しながらも魅せてくれた、スモルダー・ブレイブストーン博士とルビー・ラウンドハウスによりキスシーンも、不器用な高校生が表現されていて、インパクト大。

本作は全体的に、子供から大人までが楽しめるようなわかりやすさに加えて、様々な年齢層に笑えるようなジョークやギャグがしっかりと練りこまれているため、とてもバランスの良い映画に仕上がっているのです。ベサニーがカバに食べられるシーンや、ケーキを食べた瞬間に爆発してしまうフリッジなどなど…子供も大人も思わず笑ってしまいような、見どころにあるシーンがもりだくさんです。

少し残酷なシーンなどは、正直子供に見せたくないと思う大人も多いかと思いますが、本作はゲームの世界というだけで、普段ならちょっと…と思ってしまいようなシーンでさえ、面白く見えてきてしまうのもこの映画の世界観ならではだと思います。

ゲーム内にて性別が変わったからこそでてきてしまうような下ネタや、俳優陣のギャグなど…ストーリー意外でも、様々な視点から楽しめるような映画なのです。

また、前作の『ジュマンジ』では、動物から逃げ回る恐怖などを多く描いているためか、パニック映画の要素も強かったのですが、今回はより登場人物が引き立ち、青春映画のような見方もできるため、とても完成度が高い本作。登場人物それぞれのキャラが濃く、現実世界とゲームの世界とのギャップなどで混乱してしまうのでは…と思いがちだが、キャラそれぞれの特徴であったり、弱点なども含めてしっかりと成り立っており、とても見やすい作品です。

現実世界の人物がゲームの中に入り込み、様々な冒険をしていく本作は、良い意味で単調で、子供でも見やすいストーリーというのも魅力の1つで、世界中で大ヒットし、興行収入においては日本でも10億円に達しています。

出演している俳優陣の演技力からか、『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』が、ただの単調なゲーム映画として見えないのも面白さの理由の1つです。入り込んでしまった高校生が、ゲームのキャラの中にもちゃんと見えてくるような演技はまさに鳥肌もの。キャラクターの言葉や仕草なども、ストーリーとあわせて楽しめるとても素敵な映画です。

前作『ジュマンジ』の面白さとはまた一味ちがった『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』の魅力。映画好きも映画はあまり見ないという人も、この面白さは必ず万人受けし、気づいたら見入ってしまいような作品として仕上がっています。

映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』の感想・レビュー

女性 20代

楽しくて笑っちゃう。
おじいちゃんもみんなも面白すぎる。
最初から最後まで楽しめたのであっとゆうまに終わりました。
前作と同じぐらい面白いと思いました。
同じような内容をもう一度作るって大変なことなのにこんなに面白くしているのはすごいです。
ドウェインからだだ漏れるフェロモンはほんとなんなんでしょう。
完全に虜です。

男性 50代

前作の方がよかったな・・・・
前回の「ジュマンジ」が大変に良かったので、本作品を見てきました。
ま、内容も良く出来ているし、全体的に良く出来ていましたが、いまひとつノレナイと言うか、テンポが悪いのかな、「おお、これは面白い」と言うレベルでは無かったな。
もっとハチャメチャ感が欲しかったのと、ゲームの中の世界なんだから、ゲームオーバーになりかねない事もあるのだから、見ているこちらをハラハラドキドキさせてくれても良かったかな。「ウルトラマンだと、地球に3分しかいられない」からカラータイマーが鳴りだしたら「これから先、どうなるだよう」とハラハラドキドキ感が有っても良かったか。
今年もドウェイン・ジョンソンはノリにのっていたけど、いまひとつ演技が一本調子で、その一本調子が何時か飽きられる気がしてなりません。コミカルもシリアスも上手くこなせる器用さがあるのならが、なんていうか、もう少し別の顔を見せても良いかな。青くないカレン・ギランは大変に綺麗ですね。

映画『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』まとめ

前作『ジュマンジ』は、少々怖い印象もあった方も多いかもしれませんが、『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』はストーリー以外の見どころもとても多く、よくあるゲームの実写映画化ではなく、ゲームの楽しさや魅力を映画にすることに大成功している作品です!

興行収入も素晴らしく、とても高評価だった 『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』は、後編の『ジュマンジ ネクストレベル』も公開されています!

もちろん、前作をご覧になっていなくても楽しめる内容なのでは…と思いますが、これを機に是非、まだご覧になっていない方は一度チェックをしてほしい、オススメ作品の1つです。

スポンサーリンク
おすすめの記事