地縛少年花子くん_寧々の寿命は持って1年?
スポンサーリンク

地縛少年花子くん 寧々の寿命について明かされましたね!
今回は寧々の寿命についてとその未来は変えられるのかを考察していきます。

スポンサーリンク

地縛少年花子くん 寧々の寿命はもって1年

寧々の寿命があと1年程しかないことが一番目の怪異『時計守』の能力によって判明しました。
花子くんは、死期が近い人間か源光のような霊力のある人間にしか呼び出すことはできないらしく
寧々と出会ったあの時から、寿命のことは知っていたようです。

ただ死ぬその時まで"楽しく過ごしてほしい"と思ったため、寧々の寿命のことはずっと隠していくつもりでした。

寧々の寿命については、花子くんと光、時計守である蒼井茜しか知りません。

彼岸にいる花子くんは、人間の寿命をどうにかする事はできないことを理解しているため
諦めていますが、光は『そんな未来変えてみせる』と強く返します。

花子くんもまた「期待してるよ少年」と寧々が死なず、寧々の寿命を変えられる事を願ってはいるようです。

スポンサーリンク

寧々の寿命が関係しない世界

4番目の怪異『シジマメイ』の能力は、新しい仮想空間を作り上げそこでは寿命関係なく生きていけるという世界を作り出す能力をもっています。

花子くんは、寧々の寿命が関係しないこの世界を利用して寧々に生きてもらうようにしますが
寧々は自分の寿命を分かった上で、この世界で生きることを望まなかったので結果
現世に戻ってくることになりました。

『シジマ』の世界での寧々との約束

花子くんから寿命のことを聞いた寧々は

・『一緒に月に行きたい』
・『90年後くらいまで生きたい』

と花子くんにお願いします。
花子くんは寧々のお願いには弱いとした上でその願いを聞き入れたかのように見えました。

花子くんは「俺は生者の願いを叶える怪異」だと寧々の願いを叶えるつもりのようです。

寧々の寿命が1年の未来は変えられる?

寧々の寿命が変えられるかどうかは、5番目の怪異『16時の書庫 土籠』が関わってきそうです。
かもめ学園で人に化けて生活している土籠は、過去未来と今まで生きてきた事柄が記された本を管理しています。
彼は未来を書き換えることができるようですが、それと引き換えに自身の存在を消されるという大きな代償を払うためしないと言っていました。

また『この目で一度だけ未来が変わった瞬間を見たことがある』といっており
その未来を変えたのが花子くんだというのです。

もしそれが本当なら、寧々の寿命は花子くんの手によって変えられる可能性は高そうです。

花子くんの能力とその代償

花子くんの能力は『生者の願いを叶えること』。
ですがその願いを叶える代わりに大きな代償をはらうことになります。

土籠の力で未来を変えることはできるが、その禁忌を犯せば自らが消滅するので絶対にしないといっていました。
寧々の寿命を延ばすことを叶えた後は花子くんは消滅するのではと考察しています。

寧々と花子くんの関係

アニメ第1話で、寧々と花子くんは互いに『人魚の鱗』を飲み強い縁で結ばれることになりました。
これによって本来ならば寧々にのみある代償が花子くんと半分こになっています。

寧々の寿命を伸ばした花子くんは消滅することは逃れられない運命ですが
2人の縁を結んだこの『人形の鱗』で2人が生き残る未来もあるのではないでしょうか。

90年の寿命を花子くんと半分こする…など、この伏線は最後にきっといい意味で残ってくるに違いありません!

『寧々の寿命』考察まとめ

地縛少年花子くん 寧々の寿命の考察いかがでしたか?

花子くんはもう既に死んでいるので、共に生きる未来は薄くても
全員が幸せになれる結末を迎えてほしいものです!

また寧々や花子くんだけでなく、2人を大事に思う光達の存在もきっと大きく関わってくるでしょう。

情報が入り次第更新していきます!

スポンサーリンク
おすすめの記事