スポンサーリンク

「異種族レビュアーズ」は2020年1月より放送開始され、その過激ともとれる内容にファンが急増中!?の作品です。
ニコニコ動画内ではすでに1話90万再生以上を叩き出すほど注目されています。

今回は「異種族レビュアーズ」6話の動画(アニメ)感想やネタバレあらすじなどを紹介!

『異種族レビュアーズ』6話のあらすじ

もしも自分好みの女性をイチから作って、そのことエッチできたら…。今回はそんなあなたの妄想を実現するサキュバス店。
神や目や身体のパーツを組み合わせ、理想の女の子を作り出そう!

『異種族レビュアーズ』6話のネタバレ

次のレビューは『ゴーレム』!?

スタンク達はいつものように酒場で次なるレビューの場所を悩んでいました。
メイドリーのアドバイスで「次に酒場に入ってきた種族のお店に行けば?」に乗っかることに。
そして現れたのは『ゴーレム』でした。

「ゴーレムのお店なんかあるのかよ」とスタンクは半ば疑い気味ですが、ちゃんと存在していました。誰も行ったことがない未曾有の地『ゴーレムの店』。
できれば機械のような可愛い女の子であってくれと早くも行く前から、いろいろな想像をしてしまいます。
そしてゴーレムのお店へやってきた一同。

木目が入った操り人形のような受付嬢がお店の説明をします。
足や髪の毛などが棚に陳列しており好きにカスタマイズして最後は性格をセットする。
このお店では自分の好みの女の子を生成できるようです。

自分好みの女の子を作成する一同

いろんな種類の目玉やまつげなど何千種類もあるパーツに自由度が高すぎるためクリムは困ってしまいます。
もともと作成されていた女の子を使おうか悩んでいたところにカンチャルが声をかけます。
カンチャルはなんとメイドリーに似たゴーレムを作成していました。

スタンク達はその出来がいいのを見てカンチャルに同じものを作って欲しいとたのみます。
ゼルとスタンクはどんな性格を入れようかなど楽しげに話していました。
さすがにそれはとクリムは思いますが、最後にはメイドリーに似たゴーレムをお願いするのでした。

酒場に帰ってきた一同。レビューをみたメイドリーがどんなゴーレムだったかをクリムに聞きます。嘘をつけないクリム。
メイドリーは激怒して一同を蹴り倒してゆくのでした。

ウィルオーウィスプのお店へ

酒場で働くクリムはげっそりしていました。
ここのところ闇の魔族が店に来店することが増え、天使のクリムは闇に弱くダメージを受けてしまうようです。
どうやら暗黒世界は大型連休に入ったらしくその影響でしばらくはこの瘴気が続くとゼルが説明します。
意気消沈のクリムにゼルは気晴らしに「光でも浴びに行くか」と誘います。
クリムは二つ返事で答えますが、そこはなんとムフフなお店なのでした。

店は輝かしい光を強く放っていました。
入店するととてつもなく広い場所に案内されます。
ウィルオーウィスプという種族は自分で光を操作することができず常に明るさを纏っています。
狭い個室で二人きりになってしまうと、その明るさで何も見えなくなってしまうという特性から広い部屋で全員で一緒に戯れるのが主流となっているようです。

ウィルオーウィスプ種族のレビュー

スタンクは、女の子はみんな可愛いとした上で大部屋でみんなでするということと明るすぎることを残念に思い「7」。
ゼルやカンチャルも同じく店のシステムが上級者向けで長居すると料金が割高になることもあり「5」と辛口。

一方クリムは、プライベートのないサービスに大憤怒し異例の「0」を出したのでした。

『異種族レビュアーズ』6話の感想・考察

好きな女の子を作れるという夢の世界。
一度は作ってみたいですよね!ただセンスが問われる…。
スタンク達は芸術の才能はないようです。笑
そしてウィルオーウィスプ!光の精霊。
どの女の子も可愛いのに、大部屋でってハードすぎます・・・w

『異種族レビュアーズ』6話まとめ

どんどんクリムが汚れてきているのが見所でした。
プレイ内容がどんどんハードになってきてるように感じます。

スポンサーリンク
おすすめの記事