池袋ウエストゲートパーク(アニメ動画)を無料視聴する方法!1話〜最終回のネタバレあらすじと声優情報まとめ!

©石田衣良/文藝春秋/IWGP製作委員会

池袋ウエストゲートパーク(略称:I.W.G.P.)のアニメが2020年10月6日から放送されます!
原作はなんと1997年に連載されていた小説。これまで漫画化、ドラマ化、ミュージカル化など多くのメディア作品となっていました。
そして2020年に池袋ウエストゲートパークがアニメとして登場!

この記事では池袋ウエストゲートパーク(アニメ)を無料視聴する方法を紹介します!さらに各話のあらすじやネタバレも公開します!

池袋ウエストゲートパーク(アニメ)を無料視聴する方法

「池袋ウエストゲートパーク」を1話から最終話まで見たい!という方におすすめの方法があります。

それは動画配信サービスの無料トライアル期間を使うことです!

無断アップロードの動画サイトはウィルスが入る可能性があるので危険です。

高画質で安心して視聴するには絶対に公式の動画配信サービスがオススメ♪

たま
おすすめの配信サービス一覧にゃ

こっこ
池袋ウエストゲートパークを配信しているのは?
サービス名 配信状況 公式サイト
×
配信なし
amazonプライムビデオ
配信予定
×
配信なし

「池袋ウエストゲートパーク(アニメ)」はamazonプライムビデオで配信を予定しています!
amazonプライムビデオは登録から30日間の無料体験ができる為、この無料期間中に退会すれば無料でアニメが視聴できます。

放送後に配信サービスが追加される可能性もあるので、公式発表を引き続き待っても良いかもしれません。

本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

池袋ウエストゲートパーク(アニメ)作品情報

https://twitter.com/iwgp_anime/status/1168360058373042181?s=20

作品概要

池袋ウエストゲートパークは1997年に連載開始された石田衣良さんが書いた短編小説集が原作です。
タイトルの通り、作品の舞台は「池袋」。 池袋ウエストゲートパークとは「池袋西口公園」のことです。

原作は第36回オール讀物推理小説新人賞を受賞するなど高い評価を受けています。
2000年にはドラマ化され、2017年12月〜2018年1月まで舞台化もされました。
原作小説は現在も連載されており、長くにわたって愛されている作品です。

スポンサーリンク

池袋ウエストゲートパーク(アニメ)あらすじ(ネタバレあり)

池袋の西口公園。通称“池袋ウエストゲートパーク”近くにある果物屋の息子・真島誠(マコト)は、ヤクザ絡みの犯罪やギャングの縄張り争いなど、警察では手出しできない難事件を次々に解決する“池袋のトラブルシューター”と呼ばれていた。

有象無象な人間が集まる池袋の中で、組織に属さず、誰にでもフラットに付き合うマコトの元には、常に危険で刺激的な依頼が舞い込む。

「誰にでも優しい街、愛と平和の池袋。…そう、池袋は最高だ」

今日も池袋の秩序を守っていた彼のもとに、街の平和を揺るがす厄介な事件が持ち込まれる――。

引用:アニメ「池袋ウエストゲートパーク」公式サイト

第1話「北口スモークタワー」

東京、池袋。西一番街にある真島青果店の息子・マコトは、ヤクザ絡みの犯罪やギャングの縄張り争いなど警察では手出しができない問題を解決したことで、“池袋のトラブルシューター”と呼ばれていた。今日もマコトのもとには厄介な事件が持ち込まれて…

第2話「西一番街ブラックバイト」

ある日、池袋にもう一人のカリスマが舞い降りた。名前は尾崎キョウイチ。彼が率いる『レッドエンジェルス』は瞬く間にメンバーを増やし池袋で勢力を広げていた。そんな中、『レッドエンジェルス』と悪名高いブラック企業が裏でつながっているという噂が流れて…

第3話「ゼタムーバー@芸術劇場」

動画投稿サイト「ゼタ・ムービー」の人気投稿者・140☆流星からボディーガードの依頼がきた。対立するライバル投稿者から脅迫を受けているので守ってほしいという。流星の話を聞いているうちに、彼の真剣な仕事への取組みに感銘を受け、その依頼を受けるマコトだったが…

第4話「ワルツ・フォー・ベビー」

クリスマス間近、マコトは殺人事件でひとり息子を亡くしたタクシー運転手・靖洋と出会う。自分と似た境遇の靖洋に親近感を覚え、犯人捜しの協力を申し出たマコトは、靖洋の息子がヘッドを務めていた上野のチームの情報を集めることにする。

第5話「」

随時更新予定

 

池袋ウエストゲートパーク(アニメ)声優・キャスト

マコト/CV.熊谷健太郎

池袋にある青果店の息子であり、地元ではかなり顔が広く好かれている。
「池袋のトラブルシューター」と呼ばれるようになり、依頼される事件を次々と解決していく。

タカシ/CV.内山昂輝

池袋西口のカラーギャングのヘッド。マコトとは高校からの知り合い。
クールでカリスマ性があるが、何か事件が起こるとマコトに頼る。

ヒロト/CV.木村昴

池袋のカラーギャングのナンバー2。タカシの運転手もしている。
大きな体であり、武闘派。

キョウイチ/CV.土田玲央

突如池袋に現れた池袋東口のカラーギャングのヘッド。
カリスマ性とダンスでギャングメンバーを増やしているものの、タカシとヒロトがいる西口ギャングとの抗争は避けている。

磯貝/CV.花江夏樹

キョウイチがヘッドを務めるカラーギャングのナンバー2。
見た目はごく普通なので、カラーギャングには見えない。
マコトを慕っている。

予告動画

関連記事

 

おすすめの記事