僕のヒーローアカデミアネタバレあらすじ
スポンサーリンク

ヒロアカ4期23話ではいよいよ文化祭でデクのクラスが本番を迎えます!
みんなで一生懸命練習して準備してきた文化祭…。デクはジェントルたちとの戦闘を終え、本番までにステージに立つことはできるのでしょうか…!

今回は「ヒロアカ4期」23話を見逃してしまっても動画を無料で見る方法やネタバレあらすじと感想などを紹介!

『ヒロアカ(4期)』23話の動画(見逃し)を無料で見る方法

『ヒロアカ(4期)』23話を見逃してしまった。そういえば、先週ってどんなふうに終わったっけ?と思われている方のためにタイトルの動画を無料で見ることができる方法があります。

それは動画配信サービスの無料期間を使うことです!

今すぐに高画質で視聴可能な公式の動画配信サービスを使いましょう♪

サービス名 配信状況 公式サイト

見放題
31日間無料
×
配信なし
1ヶ月間無料

見放題
2週間無料

「ヒロアカ(4期)」は調べてみるとU-NEXTとHuluで配信中でした!

その中でも取り扱いアニメ作品が多く、マンガを読めたりやアニメ映画も見れる日本最大級の配信数を誇るU-NEXTがオススメ!
ヒロアカ4期だけでなく過去のアニメ作や原作漫画まであるのでいちから見直すこともできちゃいます!

「ヒロアカ(4期)」をU-NEXTで無料視聴する方法
  1. 31日間の無料体験キャンペーンに登録をする。
  2. ヒロアカ(4期)を視聴する。
  3. 他のアニメ好きなだけも視聴する。
  4. 31日以内に解約すれば無料!

\スマホやテレビでも視聴可能!/

本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は各公式サイトにてご確認ください。

『ヒロアカ(4期)』23話の感想・考察

『ヒロアカ(4期)』23話では、ついにエリちゃんが笑いました。。。もう、これは見ていて私の目にも涙が浮かんでしまっていました。
本当によかったです。女の子1人に心から笑って貰うには本当に長い道のりだったと思います。そして耳郎ちゃんの歌が、これがまたいいんです!めちゃくちゃかっこよかったです!演出ももちろん素晴らしかったのですが、ただしかしあのシーンは一度目見たときは歌とエリちゃんの笑顔で全部持っていかれてしまいました。それくらいこう、"良さ"みたいなのが詰まっていた気がします。

ジェントルは最初と最後に登場しましたが、元ヒーロー科だった彼がなんとしてでもラブラバだけは守ろうとする姿はまた違った意味で涙が出てしまいました。
一番最後の紅茶を要求するシーンでは、この状況でもジェントルらしさが伺えて笑みが溢れてしまいました。

私は涙腺が緩い方なので今回の話はとにかく目元がうるうるしっぱなしでした...
次回はまた新しい展開が待っているようですので、これから始まっていく内容もとても楽しみにしております!

『ヒロアカ(4期)』23話のあらすじ

『ヒロアカ(4期)』23話では、ジェントルとラブラバがハウンドドッグに自首をする場面から始まります。
せめてラブラバを救おうと自分たちの関係に嘘をつくジェントル…。
一方デクも、文化祭を中止させないために本当のことを伏せました。
そして、一刻一刻と迫るステージ本番直前、デクは滑り込みでステージに立ち、壊理ちゃんとの約束を守ります。

終わった買い出し

ハウンドドッグに自首したいと申し出たジェントルクリミナル。仲間はと問われ、自分1人だと答えます。
緑谷と戦ってえぐれた地面の跡や傷についても聞かれますが、転んだだけだと返しました。
しかし、鼻の効くハウンドドッグは「もう1人いるだろう、うちの生徒だ!」と問いただしました。

少しすると一度飛ばされた緑谷がジェントルとハウンドドッグの元へ戻ってきました。
ハウンドドッグは緑谷に目をやりますが、ジェントルが話を続けたためまずはそれを聞きます。
彼は自身の犯した最大の罪は世間知らずの女性を洗脳したことであると続けました。
全ては自分のためにラブラバを利用したため、彼女に恩赦を願います。

ジェントルが話し終えるとハウンドドッグは緑谷の怪我を見て戦ったのか問いかけました。
緑谷は少し間を空けて、雄英にいたずらしようとしていたから少し揉めたがもう大丈夫だと答えます。
そして「もう大丈夫」という言葉はジェントルの敗北を直接意味する言葉でもあり、それを聞いて改めて終わりを悟ったラブラバが泣き崩れました。
話も終わり、ハウンドドッグはジェントルを警察署へ連れて行きました。

残った緑谷は買い出しの品が入った袋を忘れてきていたため、ハウンドドッグと一緒に来ていたエクトプラズムと共にもう一度山の下まで戻ります。時刻は9:17とのことで、まだ急げば出番にも間に合う時間だったため2人は走って山を降っていきます。

緑谷を待つクラスメイトも流石に買い出しの遅さに心配していました。
9:50。緑谷が長い買い出しからようやく戻ります。
時間ギリギリで出し物にも無事間に合いました。

笑顔を知らない女の子

10:00になり、いよいよ1年A組のバンド演奏とダンスが始まります。
会場にはA組に対して不満のある他のクラスの生徒の姿もあり、自己満足で終わらせるようなら文句を言おうと品定め目的で見に来ているようです。
そしてその中には通形と壊理ちゃんの姿もありました。
1年A組のパフォーマンスが始まると、会場もだんだん盛り上がっていきます。
緑谷は序盤にダンスをした後すぐに演出組に回るため舞台上から一度はけました。緑谷の姿が見えなくなると不思議そうな顔をする壊理ちゃん。
ただここからパフォーマンスは盛り上がりを見せます。品定めで見に来た生徒たちも愉快な演出に思わず笑ってしまいます。
そして最高潮に達したときーーー

笑顔を知らない女の子の満面の笑みがそこにありました。

通形も涙を浮かべつつ、緑谷へ。そしてサーナイトアイへ。心の中で語りかけます。
笑ったよ、と。

舞台が終わると、緑谷は少し時間を作り改めてジェントルの件について先生と話します。結果的には良かったがもっと頼るべきだったとお叱りを受けるも、話が終わると後は楽しんでこいと背中を押されてみんなの元へ戻ります。

作業に戻った緑谷のところへ通形と壊理ちゃんがやってきました。
壊理ちゃんは目を輝かせながら舞台の感想を伝えると、緑谷は思わず涙を浮かべます。
続いてその場を通り過ぎていく他の生徒たちも片付けを行なっているA組のみんなに「良かったよ」と感想を述べる中、品定め目的で見に来ていた生徒が詫びを入れその場を走り去っていきました。

ただそこに1人、作業の手を止めて話すクラスメイトたちに喝を入れる者がいました。峰田実です。彼は誰よりも片付けに熱心になっている様子です。が、その原動力はミスコンのいい席が取られてしまうからというもの。一見誰より真面目に働いているようでしたがやはりいつもの峰田でありました。

ミスコンのパフォーマンスも終わり、アスレチックに挑む爆豪や料理教室でスイーツを作る緑谷など、各々好きな所で時間を潰しているうちに文化祭も終わりの時間がやってきます。
校門の前で病室に戻る壊理ちゃんを見送るため、別れの挨拶を交わす緑谷。
寂しそうな顔をしている壊理ちゃんのために緑谷が取り出したのはりんご飴でした。
出店を探していた通形が見つけられなかった品が出てきたことに驚きます。
このりんご飴はそもそも出店に売られてはいなかったもので、実は朝買い出しに向かった緑谷がロープと合わせて材料も買っており、料理教室で作った物でした。
そしてまた壊理ちゃんは笑顔を取り戻しました。

一方で署で話しをするジェントル。これまでに罪を重ねた彼に対して、刑事が「今日止まれて良かった」と言い、続けて人生はまだやり直せると伝えます。
その言葉にジェントルは俯いて涙をこぼしました。
彼の姿を見て刑事が茶でも飲むかと声をかけます。

そしてジェントルは泣きながら声を震わせて答えました。

「紅茶を」

『ヒロアカ(4期)』23話まとめ

『ヒロアカ(4期)』23話ではデクたちのクラスのステージが本番を迎え、大好評で幕を閉じました。
何より、壊理ちゃんの満面の笑みは過去や経緯を知っている私たちからするとその表情だけで感動して涙が溢れてしまいます…。
そして、ジェントルとラブラバの事情聴取シーンもなんだか2人の関係や絆が強く感じられるところでした。
特にジェントルは、人生をやり直して真っ当な人生を歩んでほしいと感じる回でもありましたね。

さて、ヒロアカ(アニメ)も残すところあと2話!
新章も始まるようですし、次回も楽しみです!

スポンサーリンク
おすすめの記事