スポンサーリンク

ヒロアカ4期5話では切島が大活躍します!
他の生徒と実力と経験値の差を気にする切島ですが、オールマイトの助言を信じて敵に立ち向かいます。

『ヒロアカ(4期)』5話のあらすじ

『ヒロアカ(4期)』5話で切島の前に現れたのは体から刃を伸ばす個性の男。
その男は天喰環の個性を発動できなくさせてしまった。
逃げる男と切島の1対1の戦いに。個性をブーストさせる相手を前に、切島はオールマイトの助言と爆轟の言葉を思い出し…

ウラビティとフロッピー

街でヴィラン同士の抗争が起こっている中、鎮静するために現れたのはリューキュウ事務所のヒーローたち。そこには雄英高校のビッグ3である波動ねじれをはじめ、麗日と蛙吹の姿もありました。
以前波動から呼ばれていた麗日と蛙吹はどうやらインターンの誘いを受けていたようですね。

騒ぎはすぐに片付き、リューキュウはこれからの活動内容の話を共有します。それはサー・ナイトアイからのチームアップ要請の件でした。
そして内容はやはりオーバーホール=治崎がらみ。
前の話でナイトアイが緑谷に言った、他事務所への要請というのもこれに繋がります。

治崎のアジトにやってきた死柄木。死穢八斎會の参加になるつもりはないが、五分五分の関係で提携という形であれば協力するといった話を治崎に持ちかけます。ただし、現在治崎が計画しているものの内容を話さないと協力はできないとのこと。 続けて死柄木は以前の戦闘でコンプレスに撃ち込まれた銃弾を見せ、おおよその察しはついているようでした。

敵との遭遇

ファットガム事務所の面々がパトロールしているシーン。ファットガムと一緒に歩いているのはビッグ3の天喰切島でした。
するとそこに誰かから逃げる違法薬物の売人たちが現れます。それにすぐに反応したファットガムが売人たちを捕まえると、うち一人が個性を使い逃げ出しました。
しかし、逃げた先にいた天喰の手によってその逃亡は阻止されることに。これを見た切島は迅速な動きに感嘆します。
その場に居合わせた街の人たちからサンイーター=天喰の活躍に大きな歓声が湧く中、1人天喰に銃口を向けるものが居ました。どうやら捕らえられた売人の下っ端のようです。
そして下っ端は銃を撃ちます。銃弾はコンプレスに撃ち込まれた物と同じ、一時的に個性を使えなくする物でした。
人だかりの隙間から不意に飛んできた弾に反応することができずそのまま天喰に命中しました。それを見た切島が天喰を庇うように弾の射線上に立つと、下っ端はさらに2発目を発砲します。
弾は切島に命中こそしましたが、切島の個性"硬化"によってはじかれると、それが効かなかったことに焦った下っ端は路地裏へ逃げ出しました。

ヒーロー烈怒頼雄斗

行き止まりまできてしまい、後を追っていた切島が現れると下っ端は"刃渡り10cm程度の刃を体から出す"という個性で襲いかかってきました。しかし切島には効果が無く、そのまま反撃を受け倒れます。
下っ端が泣き出すと情が深い切島は倒れている相手を気遣い、手を貸して起き上がらせました。
すると切島の死角から個性の威力を増幅させる薬を自身に注入し、身体中から数メートルにも及ぶ無数の刃を生成しました。
一旦距離を取る切島。
下っ端は切島を目がけて再び刃を伸ばしました。

全ての刃を受け止めるため、自身の硬度を最高到達点まで上げる技=アンブレイカブルを発動し、見事に相手の攻撃を防ぎ切りました。続けて相手に向かって行き反撃。再び倒された下っ端は切島の同情を誘うような話を始めます。そして切島の戦意を削いだところで隙をついて逃亡しました。
切島が追いつけない距離まで離れることに成功した下っ端はそのまま逃げ切るかのように思われました。ーーーが、建物の角から現れたファットガムの個性"脂肪吸着"によってファットガムの体に沈められ捕まりました。

切島の戦いを見ていた街の人たちは感動し、ヒーロー名をたずねられ、レッドライオットと名乗りると、その名前は忘れないという返事をもらいました。
中学生の頃、襲われかけている人を目の前にして自身も恐怖から足を踏み出せなかった切島は、今回の一件で誰かのために身を挺して敵と戦うことができ、自身の成長を実感しました。

ひと段落着いて合流したファットガム、天喰、切島。先ほどの戦いで使用された薬物の情報を共有してその日の活動は終了しました。

そして日付は変わり、本日はインターンのメンバーも学校に登校しているようです。
すると、ネットニュースを見ていた他のクラスメイトが切島の記事があることに気づきます。さらに麗日と蛙吹もそれぞれニュースの記事に載っていたようで、喜ぶ当人たち。と、嫉妬か怒りか分かりませんがとにかく険しい表情の爆豪の姿も...
そんないつもの日常とも言える風景を眺めつつ、緑谷は壊理ちゃんの事が自分の中で日に日に大きくなっていくのを感じているようでした。

『ヒロアカ(4期)』5話の感想・考察

『ヒロアカ(4期)』5話で切島が1人で敵と戦うシーン、めちゃくちゃ格好良かったです!
敵との会話の中では、敵であっても人情ある返しをするあたりとかは切島らしさを感じました。街の人たちにもヒーロー名を聞かれるということは、学生の身からすれば大きな名誉と言えますし、素晴らしい活躍だったと思います。

ナイトアイの要請がリューキュウ事務所に届いているということは、今後治崎に関わる内容でお茶子ちゃんと梅雨ちゃんも出久と一緒に活動する機会が出てくるでしょう!
さらに、ファットガムは昔薬物に関わる仕事で警察と協力していたようですので、治崎が所持している弾薬が個性を使えなくする薬物であると考えると...
今回のインターンに出向いているメンバーは、最終的に全員が協力して治崎を追う事となりそうですね。
インターン先には雄英高校ビッグ3もそれぞれいるため、今までほとんど見る機会のなかった先輩方の活躍にも期待できそうです!

『ヒロアカ(4期)』5話の次回展開予想

6話:嫌な話

『ヒロアカ(4期)』5話の次回展開予想ですが、次回はナイトアイがインターン組やプロヒーローを集結させて会議を開くところから始まります。
その会議ではヴィランの情報を共有する場であり、そこには壊理ちゃんがヴィランに囚われている事実も発表されます。
案の定デクとミリオは大きく後悔することになるのですが、この会議が開かれるということは死穢八斎會を倒しにヒーローたちが動くことになるでしょう。
作品が始まって以来の大きな戦いが予想されます。

『ヒロアカ(4期)』5話まとめ

『ヒロアカ(4期)』5話は切島回と言っていいほど切島がとても格好よかったですね!
視聴者の知らぬ間に切島はとても強くなっていました。正式なプロヒーローではないものの、街の人からヒーローとして名前と顔を覚えてもらい、ネットで記事になるほど話題になっていました!(麗日と梅雨も記事になっていましたね!)
今後のヴィランの動きから目が話せません!

次回も楽しみです!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事