僕のヒーローアカデミアネタバレあらすじ
スポンサーリンク

「ヒロアカ」とこ「僕のヒーローアカデミア」は現在4期に突入するほど長く愛されてきている作品でもあります。

今回は「ヒロアカ4期」4話を見逃してしまっても動画を無料で見る方法やネタバレあらすじと感想などを紹介!

『ヒロアカ(4期)』4話のあらすじ

無事にインターンに採用されたデクがパトロールに出ると、謎の少女・壊理(えり)と出会う。
壊理との出会いで色々と気持ちの整理がつかなくなったデクはオールマイトの元を訪れるが、
オールマイトからはさらに衝撃の事実が告げられる…!

近道のために必要な時間

インターン初日のパトロール、現在秘密裏に捜査している死穢八斎會の若頭である治崎と出会うところから始まります。

壊理ちゃんの後ろから現れた治崎に対し、驚きの表情が隠せない緑谷。通形はそれにすぐ気づき、"サイズ調整のミス"という機転が利いた理由を口に出すとともに緑谷が普段はあまり被っていないコスチュームのフードを被せます。追っている相手の目の前ですし、怪しい動きも見せられない場面でうまく誤魔化しました。
通形は続けて治崎に話しかけます。といっても、現時点では表面上何もしていない相手になりますのでその場をやり過ごす為の何気ない会話です。
そしてまだ見回る場所があると治崎に告げ、その場を立ち去ろうとします。

しかし、ここで緑谷が壊理ちゃんを起こそうとした時。
緑谷は壊理ちゃんが震えていることに気づきます。壊理ちゃんは「行かないで...」と恐怖からでた言葉を伝えると同時に、緑谷の服を強く握りました。

壊理ちゃんの怯えようが普通じゃないという理由から、緑谷は治崎に対していくつか質問をします。詮索を嫌がっていた治崎は簡単な会話だけで素直にやり過ごせないと感じたのか、恥ずかしい話になるという理由で、人目につかない路地裏へ来てもらうよう緑谷と通形を誘いました。

壊理ちゃんについて悩んでおり、子育ては難しいと話したところで治崎は殺意を2人に向けます。
壊理ちゃんはそれにすぐ気付くと緑谷の元を離れ、治崎とともに路地裏の奥へと消えていきました。
2人もナイトアイの指示を仰ぐためこれ以上は追わず、一度引くことに。

ナイトアイと合流した緑谷と通形は治崎と出会った時の情報を共有しました。
怯えていた子をその場で救えなかったことを悔いた発言をした緑谷に対してナイトアイは、それは傲慢だと言い、世の中には時間をかけなければいけないこともあると教えます。
他事務所にも要請を出しているようであり、作戦を練るなどが必要なため本格的に動くのはまだもう少し先になるようです。

一方でアジトに戻った治崎の元へ一本の電話が入ります。相手はヴィラン連合の死柄木。この前の返事を聞かせるといった内容でした。

オールマイトの運命

翌日、1年A組の教室ではボロボロの爆豪と轟の姿が...
どうやら仮免講習がスパルタだったようです。
もうすぐ授業が始まるという時間になっても麗日、蛙吹、切島の3人。瀬呂曰く3人ともインターン先が決まったとのこと。

インターン初日の出来事でしこりが残ったままの緑谷はその日、授業に全く集中できませんでした。
そしてもう一つ、ナイトアイに聞かされてからずっと気になっていたこと...
オールマイトからは言われていなかった事実についてです。

ナイトアイがワンフォーオールのことを知っていたこと。通形が後継者の候補だったこと。
それを知っていたにも関わらずそれを聞かされていなかった理由が知りたい緑谷は、そのことについて直接話を聞くためオールマイトのところへ向かいました。

オールマイトはそのことについて言う必要が無いと判断したため伝えていなかったと回答。ですが、それでは納得しない緑谷は「ファンとしてではなく後継者として知りたい」と言うと、過去ナイトアイと何があったのかを話し始めます。
根津校長が通形を後継者としてオールマイトに推薦したが、それより先に緑谷と出会っていたためオールマイト自身が緑谷を選んだ旨を伝えました。
言いたくなかった理由として、ナイトアイの"予知"で分かった自身の死をファンである緑谷に伝えることになるから。

それを聞いた緑谷はさすがに応えたようですが、無理もありません。憧れの人の死というものはその当事者よりも受け入れがたいものだったりしますからね。
ナイトアイが未来を見たのが6年前、そして死を迎えるタイミングは当時から6、7年後。つまり今年か来年ということになります。

世間に「僕が来た」と緑谷が言うところをまだオールマイトに見せられていないから、その約束を果たすまでは2人で運命に抗おうと誓い4話は幕を閉じました。

『ヒロアカ(4期)』4話の感想・考察

詮索をするため出久がどんどん治崎に突っ込んだ質問を投げかけるところにはドキドキしてしまいました。
裏路地に誘い込まれたシーンは特に緊張感があって、何気ない会話だからこその恐怖というか不安のようなものが込み上げてくるような...
結果的に2人は何もされなかったですが、怖がっている子をその場で助けられなかったのはやっぱり悔いが残りますね。
ただ、ナイトアイの言うこともよく分かります。確実に尻尾を掴むためにはその場の感情だけで動くべきではない状況でしたから、葛藤はあったと思います。
治崎の実力も未だ不明なところがありますからね...

そして今まで外れたことのないというナイトアイの"予知"でオールマイトの死を語られてしまうとは。見ている側も、ほぼ完全に力を使えくなったところでこう、うっすらとその可能性も否定できない感じはありましたが...
外れたことがないと言われるとやはり受け入れざるを得ないのでしょうか。でも「決して外れることはない」ではなく「今まで一度も外れたことはない」という言い回しもあってまだ希望は捨てたくないですね。
ナイトアイの"予知"がいい方向で外れるところを一度でいいから見れる日を待っております!!

スポンサーリンク

『ヒロアカ(4期)』4話の次回展開予想

5話:ガッツだレッツラレッドライオット

治崎から逃げたい女の子の名前や個性は今回の放送では明かされませんでしたね。
女の子が恐怖を感じながらも治崎の元に戻っていったということは、何か人質的なものを取られているのでしょうか…。
今日で縛っているということは確実でしょう。
そして、オールマイトの死が予知されているという衝撃の事実が判明しました。
ナイトアイの予知が外れるということがありうるのか…過去のストーリーでそのような解説は見受けられませんでしたが、奇跡を起こして欲しいものです。

『ヒロアカ(4期)』4話まとめ

今回は悪い意味でデクの心が揺れ動くストーリーでした。
憧れでもあり師匠のような存在であるオールマイトを救う奇跡は起こるのか…!
そして謎の女の子の正体とは。4話にして早くも怒涛の展開になってきました!

次回も楽しみです!

 

スポンサーリンク
おすすめの記事