地縛少年花子くん_花子くんが弟を殺した理由

花子くんが弟を殺した理由、皆さん気になりますよね?
アニメでは誰を殺したかまでは明かされていませんが、コミックスではすでに『双子の弟を殺した』と判明しています。

花子くんが弟を殺した理由は?

花子くんは司(弟)が現れると、いつもの軽い調子がなくなります。
怯えて、涙を浮かべて、"人間らしい"表情を沢山しています。

一方、司の方は兄が大好きなようで抱きついたり、「また遊ぼうね、前みたいに」と平気な顔で話しかけてきます。

生前生きている頃の2人は、仲が良かったのでしょう。
しかし花子くんが弟を殺すまでに至ったのは、司の性格が原因ではないかと考察しています。

司の猟奇的な行いの数々

  1. 殺しちゃだめだと言われている怪異を「ちょっと見るだけ」と言って鉛筆を刺し、殺してしまう。
  2. 寧々の頭を掴み床に叩きつけようとするが「女の子には優しくしないといけないんだった」と突然優しくなったりする。
  3. 「簡単に壊れてしまう世界なら壊れてしまえばいい」と怪異の噂をめちゃくちゃにする。
  4. すべてのものが"自分のおもちゃ"と思っているような振る舞い
  5. 花子くんに殺されても気にせずむしろ喜んでいる。

など、花子くんと比べると異常性が強いです。
怪異になったからなのか?とも思いましたが、花子くんの性格が優しい事からしても
元々の気質なのは間違い無いでしょう。

花子くんが弟を殺した理由の考察

この異常性はおそらく幼少期からあるものと考察しています。
花子くんは、司の行動を兄として優しく見守っていて、時にはその異常な行動から非難を浴びる弟に変わって守ったりしていたのではないでしょうか。
双子なので、"入れ替わっていた"という事実もありそうです。

普の怪我ですが、『親からの暴力』もしくは『司からの暴力』のふたつを考察しています。
『司になりすまし庇っていた』あるいは『司の猟奇的な行動を受容していた』など…
花子くんはとても優しい子なので、弟のことを放っておけなかったのでしょう。

どちらにせよ司はあの性格なので感謝するどころか、花子くんを沢山追い詰めて…
少しずつ我慢がたまり司を殺すに至った、と考えれば自然な感じはします。

だからこそ司は「我慢をやめた人の顔がすき」と花子くんに言い放っていたのではないかなと。

おすすめの記事