地縛少年花子くん
スポンサーリンク

花子くん7話の動画(アニメ)ネタバレあらすじになります!
「花子くん」こと「地縛少年花子くん」は2020年1月より放送開始され、一目見たら印象に残る色彩やタッチに魅了されすでに多くのファンがいる作品です。

花子くん7話のあらすじ

『16時の書庫』で花子くんの過去を垣間見た寧々は
花子くんが死んでしまっていることを改めて実感し、悲しみに暮れていた。
なんとなく気まずい花子くんと寧々。
そんな2人の力になろうと、
光は花子くんの好物であるドーナツを一緒に作ろうと寧々を誘う。

花子くん7話のネタバレ

花子くんと気まずい寧々

「なんか変じゃない?」といつもの様子と違う寧々に疑問に思う花子くん。
いつもはトイレ掃除に愚痴をばかりこぼしていたが最近は何も言わず黙々と作業するばかり。
花子くんの問いかけにも張り合いがなく会話が続きません。
目も合わしてくれない寧々に花子くんはほっぺを両手で掴み無理矢理こっちに向けようとする始末。
そんな2人の様子を光は見ていました。

16時の書庫で花子くんの過去を聞いてから、花子くんの目がみれなくなった寧々。
いつものように園芸部での部活動をしながら物思いにふけっていると、そこへエプロンを着た光が現れます。
トイレ掃除を呼びに来てくれたのかと尋ねると、光は寧々にお願い事があると言います。
少し決まりが悪そうに「先輩、料理作れますか?」と光は尋ねるのでした。

光の計らいでドーナツ作り

先ほどまで兄と一緒に作業していたけれど「料理が下手で〜」と家庭科教室にやってくると、台所がごちゃごちゃと大惨事状態。一緒に片付けながら、寧々は「急にどうしてドーナツを?」と尋ねます。
光には妹がいるらしく、突然ドーナツを食べたいと言い出したから作っていると話しますがどこかしどろもどろな様子。

不思議に思いながらも、寧々は最近花子くんと気まずかったので気分転換になると感謝します。
「別に喧嘩してるわけじゃないのよ!」と明るく言い直しながら、がしょがしょとクリームを混ぜる寧々。

光が慌てて「混ぜるときはこう…」と寧々の後ろからアシストします。
料理が苦手なはずの光に不思議に思う寧々。

「しんどいときありますよね。見えなかったものが見えるようになって…最初から見えていてもやってられないって時があるから」と光は言葉をかけます。
いつでも寧々の味方なので相談に乗ります笑いかけられほっと胸をなでおろす寧々。

光の計らいで、寧々は少し元気を取り戻し、相談に乗ってもらうことにしました。

16時の書庫で見た内容、花子くんと仲良くしないほうがいいのかもしれないという思いを打ち明けます。
花子くんは幽霊で、人を殺していて、ちょっと怖くて…関わらないほうがいいと思いつつも放っておけない。
どうしたらいいのかわからないという寧々に、「俺も一緒です」と光は言います。

"自分がどうしたいかで決めています"とアドバイス。

「どうすればいいかわかんない同士一緒にがんばりましょう」と励まされ2人はハイタッチを交わすのでした。

ドーナツが無事に完成し2人は味見をしようとしたとき、光の兄であり生徒会長の輝がその場に現れます。
材料を買ってあげたのに自分抜きで食べようとしてたの?と光をたしなめます。

寧々は料理下手な光の手伝いでここにいると話すと、輝は何かを話そうとしますが光が急いで割って入ります。

兄の口にドーナツを放り込み、ドーナツを袋に詰め寧々に渡します。
「これってあいつの好物ですよね?食べさせてやったら喜びますよ」

寧々はようやく光が自分と花子くんのためにドーナツ作りを誘ってくれたことに気がつきます。
お礼を伝え寧々はすぐに花子くんの元へ向かうのでした。

光と輝の会話

光は実は料理上手だったようで、寧々を元気付けるために嘘をついていたのです。
源家の家事全般は光が担当しているようで、台所が大惨事だったのは輝の仕業でした。

そして光がドーナツ作りを始めた目的に触れていきます。
輝は怪異をよくおもっていません。すぐに花子くんが関係していると察します。

光は兄の態度に小さくなりますが、自分がもっと輝のように強くなって必要であれば自分がはらうと伝えます。

「明日そいつが生徒を襲う可能性だってある」と危険性を伝えながらも何かを感じ輝は様子を見ることにしました。

花子くんの弟"ツカサ"現る

寧々は、花子くんにドーナツを渡します。すごく喜んでそれを受け取る花子くん。
今日は寧々の態度もいつも通りで安心したようです。
花子くんのことはめんどくさいけれど、自分がどうしたいか決めると寧々は自分の気持ちを打ち明けます。

変な態度をとってごめんねと、2人はようやく元の距離感に戻るのでした。

そこへ怪しい黒いツルが2人の前に現れ襲いかかってきます。
そのツルを叩き切ると、そこへ花子くんと瓜二つの弟"ツカサ”が姿を現します。

怯えた表情を見せる花子くんを庇うように寧々はツカサにお茶をかけるとツカサは不敵な笑みをこぼしながら消えていきます。

「あの人花子くんが殺した…」寧々の言葉に花子くんの態度が急変。
突然押し倒し涙を浮かべていました。一緒に食べようと思っていたドーナツはぐちゃぐちゃ。

「俺いかなきゃ…」と寧々の前から去っていくのでした。

昇降口の首折りさん

桜と夏彦、そしてツカサ。噂を変えているのはこの3人が犯人でした。
そしてまた噂がラジオから流れます。

『昇降口の首折りさん』、靴を履き替えている時に腕を掴まれ話しかけられるというもの。
光はその噂通り腕を掴まれますが、「出やがったな!」ととっ捕まえます。

消滅以外に何か方法はないか花子くんに相談すると「未練をはらしてあげたら成仏する」と言われ光はその通りに
捕まえた悪霊を成仏させるべく走っていくのでした。

花子くん7話の感想・考察

7話にぎゅっと濃縮されていましたね!
光が2人のために料理上手なのを隠しドーナツ作りを誘う姿が健気で優しくほっこりしました。
光の言葉に寧々も背中を押され、今までは流されてばかりいましたが"自分がどうしたいかで決める"と初めて花子くんに寧々の意思が伝えられたなあと感じます。
距離感が縮まろうとしたその時に、過去に殺した弟ツカサが現れまたもや2人の関係が怪しくなってしまいました。
2人が一緒にいる上で乗り越えなければいけない話なので、早くいつもどおり仲良くして欲しいです。

またツカサはどうして今更現れうわさを乱しているのかその目的が気になりますね。

花子くん7話まとめ

花子くん7話のネタバレあらすじいかがでしたか?
回を追うごとに謎が増え、先の展開が気になりますよね!

次回の放送も楽しみです。

スポンサーリンク
おすすめの記事