地縛少年花子くん
スポンサーリンク

「花子くん」とこ「地縛少年花子くん」は2020年1月より放送開始され、すでに多くのファンがいる作品です。

今回は「花子くん」10話の動画(アニメ)ネタバレあらすじと感想などを紹介!

『花子くん』10話のあらすじ

園芸部の活動記録を見返した寧々。
そこには寧々の写真にだけ写り込む怪異達の姿が!
花子くんと寧々、光は怪異を追い払うため、彼らの要求に全力で付き合うことに。
次第に消えていく怪異達だが、
最後の1体の要求は寧々を境界へと連れて行くことだった。

『花子くん』9話のネタバレ

心霊写真の正体は!?引き込まれる寧々!

園芸部として部の活動していた寧々は、同じ園芸部でクラスメイトの葵からある相談を持ち掛けられます。
それは部の活動記録として保管している写真に、心霊写真のような不気味な手が写っていることでした。

花子くんと光に相談するも、楽しそうに笑う寧々たちの横でピースサインをするような怪異に2人も戸惑います。
異変は写真だけでなく、日常のふとした瞬間に手が生えてくるようになった寧々は、悪さをするわけでもない怪異におびえている様子。

その時、3人の前にもいくつか腕が生えてきて、なぜか光と腕相撲をすることになります。
腕相撲は光の瞬殺で終わりましたが、対決をした腕は煙のように消え、写真からもいなくなったのです。

下級霊は欲求が満足すればたいてい消えてくれるという花子くんの説明もあり、それからは数々の手と遊んで除霊は成功。

最後の1本を残すのみとなったところで光は活動記録の写真をミツバが撮っていたことを知ります。
せつない顔をする光でしたが、3人の気がゆるんだ隙に寧々の腕が下級霊につかまれて、鏡の中に引き込まれそうに。

花子くんはとっさに手を伸ばしますが、寧々はそのまま消えてしまうのでした。

再び登場!ミツバの策略

またしても暗闇の中に引き込まれた寧々は、地面が濡れていることに気づき魚になっては困ると慌てている様子。
そこである男の子と出会います。ピンクの髪の毛に長いまつげ、ダボダボのセーターを着た「ミツバ」がいたのです。

輝と並ぶほどのイケメンにテンションが上がる寧々でしたが、あまりの辛辣な物言いに涙目になるほどの衝撃を受けます。
おもわず鏡に引きずり込まれたことも併せて気持ちをぶつける寧々。

すると、少しの間考え込んだミツバは寧々をある扉の前まで案内してくれるのです。

扉を開いた先には鏡がたくさん飾られた大きな洋館、七不思議の境界「カガミジゴク」が。
ミツバは寧々にこの場所から出られないことを説明し、自分が寧々を引き込んだことを明かします。

どうして自分なのかを問う寧々でしたが、実際は誰か助けを呼んできてほしいというミツバのお願いに下級霊たちが応えただけのことでした。
その下級霊は七不思議の付属品であり、友達ではないと嫌悪感をあらわにするミツバ。

寧々にすり寄る態度はあざとさが全開です。しかしそんなミツバの表情に捨てられた子犬を連想し、なおかつかわいい顔で先輩と呼ぶ彼に心を打ち抜かれる寧々。

彼女には見えない位置で生意気な態度をとっているとは気づきません。
2人はそのまま境界を散策することになったのでした。

鏡の中の大根地獄

境界を散策しつつミツバと距離のあることに悩む寧々。イケメンであることも踏まえて彼ともっと仲良くなりたいと思い、境界の案内を提案します。

寧々の妄想の中では先輩を慕う可愛い後輩の姿が描かれますが、実際のミツバはそんな彼女に引き気味の様子。
はりきって境界を説明する寧々は、思惑とは反対に生者なのに知識があることを怖がられてしまいます。

ショックを受けたまま後ろにあった鏡にぶつかると、なんとそこには葵の姿が。また閉じ込められたのかと慌てる寧々に、葵は「足がブスだよね」と悪口を言い始めます。

次々と鏡に映る同級生たちと寧々の悪口をささやく数々の声。

「カガミジゴク」は中に引き込んだ人間の内面を映し出す第三の七不思議だったのです。
現実世界では鏡を壊そうとする光と花子くんが必死に抑えていましたが、境界の特性上内面に問題がある者が入ればその境界を強化してしまうことに葛藤する2人。

 

その間にも寧々は鏡とミツバから大根と呼ばれ続け精神的苦痛を受けていました。
ついに耐えられなくなった寧々は同じ思いを味わってほしいとミツバを鏡の前に立たせます。
しかし鏡の中には何も現れず、幽霊であることと記憶がないことが原因かもしれないと落ち込むミツバ。

この場所から抜け出すためにはどうしたらいいのか問うミツバに寧々は依り代を壊すことを教えます。

すると再び鏡の中から葵の姿が。
依り代の場所を示すとともに立ちはだかる鏡を通って進むしか方法はないと言いますが、次第に境界内の様子がおかしくなり、ついには鏡の中から仮面のような怪異が現れたのでした。

絶体絶命!2人を助けてくれたのは誰?

突然現れた怪異は自分と生者が現実世界で入れ替わることを提案します。
怖がるミツバは寧々を前に押し出しますが、生者ではない上に顔面偏差値を上の下だと言われ崩れ落ちてしまいます。

ついでに寧々まで顔面偏差値を指摘され石化する2人。
目の前の怪異はマネキンを模した眷属を召喚して、寧々の魂を手に入れたものに入れ替わる権利を与えると言うのでした。

寧々の悪口を称した「大根狩り」が始まり逃げ惑う中、寧々が大きな腕に捉えられてしまいます。眷属の一人に食べられそうになり、絶体絶命かと思った瞬間、ミツバが物を投げて寧々を助けます。

そんな姿に彼を見直す寧々でしたが、自分が追いかけられることになり焦るミツバもついに地面に押さえつけられることに。

制止する寧々は敵の手により意識を失い、助けを求めて泣いてしまうミツバ。
そんな2人を助けたのは花子くんではなく、ツカサなのでした。

弱い者いじめはだめだと言いながら鏡の中から第三の七不思議を引きずり出すツカサ。
自分の境界内で好き勝手に動く彼に抵抗する「カガミジゴク」は、ツカサによって倒されてしまいます。

一連のシーンを見ていた寧々はこちらに気づき近寄ってくる姿におびえた様子を見せますが、生きていることに対して良かったと笑顔をみせるツカサに拍子抜けします。

一方で一人では何もできないことを指摘されるミツバ。泣きそうな表情でツカサに慰められるのでした。

スポンサーリンク

『花子くん』10話の感想・考察

今回は消えたはずのミツバが登場し、さらにはツカサが助けてくれるなど意外な人物が登場した回でした。
現実にいる花子くんと光のコミカルなシーンと寧々とミツバが逃げ惑っていた緊迫したシーンは対照的でしたね。

光は当初の怪異に対する態度から腕相撲をするまでに変化しており、活動記録を撮影したミツバの名前を見つめるなど徐々に考え方が変わってきているのがわかります。

ミツバが登場したシーンは驚くと同時に本当に彼なのか疑いましたが、あの生意気な態度は間違いなくミツバです。
寧々ちゃんは彼のことを忘れていましたが、ミツバも記憶を失いただの幽霊になっていて、光との会話を期待していた自分としては少しせつない印象でした。

第三の怪談「カガミジゴク」はその名の通り地獄のような仕様の境界でした。寧々ちゃんが悲鳴を上げるのも納得です。

普段はニコニコと笑顔を見せて悪口を言うなんて想像もできない葵が寧々ちゃんに向かって辛辣にコメントする様子は見ていて面白かったです。

ミツバが人間であればどんな内面が映し出されたのか気になりますね。
結局のところ、ツカサは敵なのか味方なのか。ミツバとツカサの今後の展開は見逃せません。

『花子くん』10話まとめ

花子くん10話はカガミジゴク。七不思議三番目の怪異が現れましたね。
原作とは違ったストーリーの進み方ですが、どんな最終回を迎えるのでしょうか。

スポンサーリンク
おすすめの記事