僕のヒーローアカデミア考察

ジェントルとラブラバの過去には何があったのか。
まとめた結果、そこにはジェントルとラブラバそれぞれの知られざる苦労がありました。

ジェントルとラブラバはヒロアカ(アニメ)4期20話(通算83話)に登場します。

ジェントルとラブラバの過去とは?

なぜヴィランになったのか。それは2人それぞれの過去にありました。

ジェントルの過去

ジェントルの本名は飛田弾柔郎(とびた だんじゅうろう)「ヒーローになって教科書に載るくらい偉大な男になる」という夢を見る志高い高校生でした。
しかし、プロヒーローの仮免試験に4度失敗。決してレベルの高くない高校で落第点を取り続け何度も留年してしまいます。そして、ついには高校から自主退学を進められるように。母親も、そんな飛田に情けなさを感じるように3社面談で顔を覆っていました。
しかし、他のクラスメイトがプロヒーローの事務所にスカウトされる中でも、飛田は決して諦めない姿勢でいました。

そんな中、飛田はビルの清掃作業員が墜落しそうな現場に遭遇します。プロヒーローを目指すものとして救出に向かう飛田でしたが、自分の個性で弾性を付与した空気にプロヒーローが弾かれ、救出を逆に妨害する形に。
救出されず落下した清掃作業員は全治6ヶ月の怪我を負い、プロヒーローの救出作業を妨害した公務執行妨害で飛田は逮捕されました。

結果、高校は退学することになり、家庭は崩壊。
飛田はついに夢を諦めました。
プロヒーローとして活躍している同級生を見つけ声をかけるも、その同級生は飛田のことを覚えていませんでした。
教科書に載るくらい偉大な男になるどころか、過去のクラスメイトの記憶にすら残っていなかった飛田。
このまま貧しく哀れに老いていくことはしないと、学校で学んでいた犯罪心理学の知識を元にヴィランとなるのでした。

ラブラバの過去

ラブラバの本名は相場愛美(あいば まなみ)。中学1年生の頃、好きな男の子にラブレターを渡しました。
しかし、そのラブレターを受け取った男の子は他のクラスメイトに言いふらし、ストーカーだと茶化されたのです。
それを聞いてしまった愛美は、それ以来何もかもを信じられなくなり家に引きこもるように。
パソコンばかり触っている毎日の中で、偶然にもジェントルの動画を見つけます。

「今を嘆く者達よ 私を信じてついて来い!私が!!世界を変えてやる!!」

そのジェントルの言葉に、愛美は光を見たのです。
愛美はジェントルの住所を特定して押しかけるも、ジェントルはそれを受け入れてくれました。
ラブラバというコードネームももらい、ジェントルからは「我々は既に最高の相棒(コンビ)だ」と言ってもらえるのです。
こうして、愛美ことラブラバは、ジェントルの動画撮影・投稿、ハッキングに至るまで相棒として徹底とサポートをするのです。
こうしてラブラバはヴィランとなったのでした。

スポンサーリンク

ジェントルとラブラバについて

ジェントルとラブラバは僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)4期アニメに出てくる敵(ヴィラン)です。
ジェントルは自らの行いを動画に撮り、インターネットで公開している小規模かつ迷惑な男。
今で言う炎上商法みたいなことをやっているヴィランです。
個性は弾性。触れたものに弾性を持たせます。

一方、ラブラバは可愛らしい容姿をした女の子。
ジェントルのことを愛しており、動画の撮影や投稿作業までラブラバが懸命にサポートしています。
ジェントルの行いで警察が出動したとしても、ラブラバは警察から逃走して逃げ切ることに貢献することも。
個性は愛。ラブラバ自身が愛している者ただ1人に愛を告げると、その者を短時間強化できる。
愛が大きければ大きいほど、強化も強くなる。

見た目は全くタイプの違う2人ながらも、2人1組のバディとしてヴィラン活動をしているのです。

スポンサーリンク

ジェントルとラブラバの過去まとめ

ジェントルとラブラバの過去、いかがでしたか?

ジェントルとラブラバは、お互いに本名があり、ヴィランとしてのコードネームをつけていました。
コードネームをつけたのはジェントル。やはりヒーロー名というのに憧れて自分でつけたのでしょうか。
ヒーローになりたいという夢は大きかったはずなのに、1つの事故で立場が逆転してしまいました。
また、ラブラバも好きな男の子に嘲笑われるという些細ながらも大きな傷が原因でヴィランとなってしまいました。
2人がヴィランとなったしまった根本のきっかけは、何かの間違いだったり事故だったりと、自分の故意ではない部分にあります。
そんな2人は出会って、ヴィランという立場ながらにお互いを認めバディを組んでいるのは、本人達にとっては心の拠り所でもあったのでしょうか。
ユニークな印象とは裏腹に、悲しい過去を抱えたジェントルとラブラバでした。

いつか会心して、また人のために個性が使える人になって欲しいですね。

以上、ジェントルとラブラバの過去でした。

おすすめの記事