僕のヒーローアカデミア考察
スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア (ヒロアカ)の主人公・デク(緑谷出久)といえば、昔はヒーローに憧れる無個性の少年でしたよね。
しかし、この無個性が“何者か”によって操作されたものではないかと憶測を呼んでいます。

その原因として怪しまれているのがデクを無個性と診断した医者です。
コミックス1巻に登場したかなり初期キャラなのですが、黒幕説を裏付けるような部分が次々と見つかっています。

今回はヒロアカの医者黒幕説をまとめてみました!

ヴィラン連合のドクター

ヒロアカ221話にて、ヴィラン連合のドクターが登場しました。
しかしこのドクター、どこかでみたことある顔だと思いませんか?

そうです。デクを無個性と診断した院長とそっくりなのです。

このことから、この医者がデクを無個性だと診断もしくは無個性にした上で診断結果を伝えたのではと考えられるようになりました。

デクを“無個性”と診断した医者

デクを“無個性”と診断した医者「ツバサ医院の院長」は1巻に登場して以来、ヒロアカのストーリーに絡んでくることはありませんでした。
いわゆるモブキャラのような印象だったので注目していた人も少ないのではないでしょうか。
(一部考察では医者を怪しむ声もありました。)

先ほども記述したように221話でヴィラン連合のドクターとして院長とそっくりな人物が登場しています。
しかし、黒幕説が囁かれている理由は顔がそっくりというだけではありません。
その理由を、順を追って説明していきます。

①院長とドクターの声優が一緒

まず、ヴィラン連合のドクターツバサ医院の院長の声優さんは同じ稲葉 実さんです。

同一人物だからこそのキャストのようにも思えますが、声優がキャラクターを兼任することは珍しくないのでこれだけだと黒幕説は弱いでしょう。

②デク&爆豪の幼なじみツバサくん

デクと爆豪は幼なじみですが、実は2人の幼少期にはもう1人よく遊んでいる人物がいました。
それがツバサくんです。
(厳密には爆豪と一緒に行動していたのがツバサくん。デクはいじめられていました。)

ツバサくんはその名の通り、背中に翼が生えている個性です。

なぜツバサくんに注目が集まっているのかというと、コミック7巻に書かれている作者からの「それとないヒント的なやつのコーナー」が発端です。

THE・翼の脳無があの集団から緑谷出久を選び掴んだのは何故だ!?のそれとないヒント的なやつのコーナー

ヒロアカコミック6巻引用

その下には幼少期にデクと関係性があったツバサくんが描かれています。

これはコミック6巻〜7巻の保須市襲撃事件編のときのことです。
雄英高校A組がいる中から、デクを掴み連れ去ろうとした翼の生えた脳無がいましたよね。

③ツバサくんと院長は血縁関係がある

次に、このツバサくんはデクと爆豪と同じ中学には進学しておらず疎遠になっています。
また、ツバサくんのおじいちゃんデクを無個性と診断した院長でした。

ツバサくんはどこへ行ってしまったのでしょうか?

④ツバサくん=脳無?

中学進学を前に姿を消したツバサくん。
おじいちゃんであるツバサ医院の院長。
翼の生えた脳無。
作者からのヒント。

これらを組み合わせると、憶測ではあるもののなんとなく答えのようなものが見えてきたのではないでしょうか。

そうです。院長はツバサくんを脳無にしたのでは?という疑惑です。

ツバサくんは中学に入る前に、おじいちゃんである院長によって脳無に変えられてしまったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

なぜデク本来の個性を奪ったのか

ここまで、デクを診断した医者がヴィラン側の人間ではないのかという考察を書きました。
では、本当にこの医者がデクの個性を奪ったのだとしたら、その目的は何でしょうか?

単純に考えると、デクの持っていた個性が強個性だったからという理由でしょう。

デクの“強個性”とは?

では、これらを仮定してデクの元々持っていた強個性とは何なのか?
デクの両親は「火を吹く」と「物を引き寄せる」という個性を持っていますが、どちらも強個性とはいえません。
きっと、遺伝性ではない個性を持っていたのでしょう。

まだ明確なヒントはありませんが、一部では「超再生の個性」という説もあります。

ヒロアカ考察まとめ

ヴィラン連合のドクターとツバサくん、そしてデクの“本来の個性”
散りばめられていた伏線がどんどん繋がっていくような感覚ですね。

ツバサくんの本当の過去もいずれ作中で語られるのでしょうか。

これからのヒロアカにも目が離せません!

スポンサーリンク
おすすめの記事