ランウェイで笑って
スポンサーリンク

綾野遠(あやのとお)はランウェイで笑ってに登場するデザインスキル抜群の逸材。

この記事では綾野遠の声優が誰なのか?その声優の他の出演作をまとめました!

綾野遠の声優

綾野遠の声優
氏名:木村 良平(きむら りょうへい)
生年月日:1984年7月30日
出身地:東京都
血液型:AB型

アニメ『ランウェイで笑って』で綾野遠役を担当しているのが木村良平さんです。

木村さんは3歳の時から劇団ひまわりに所属し、子役として活動していました。

デビューはご本人も正確には覚えていないそうですが、声優として知名度をあげたのはアニメ『東のエデン』の滝沢朗役で、等身大のキャラクターを演じる基盤ができたと話しています。2012年に第6回声優アワードにて助演男優賞を受賞されています。

 木村さんはアナウンサー志望だった母と母の妹である叔母二人と同居していた時期があり、女性に囲まれて育ったそうです。会話やアクションがオーバー気味で、そこに合わせたコミュニケーションをとるために自分も順応していったようで、そうした環境がお芝居に繋がっていったのかもしれないと話しています。

 中学生の時、役者をやめたいと父に話したことがあるそうで「10年やってきたことが全部なくなっちゃうけどいいの?」と聞かれ、本気で辞めたいと考えていなかったことに気付き、冷静になれるアドバイスをくれたことに感謝しているそうです。声優・木村良平が今存在していなかったかもしれないと思うと、そんなもったいないことがおきなくて本当に良かったです!!(笑)

綾野遠以外の主要キャラクター

綾野遠の声優以外では木村さんが担当されたキャラクターで外せないのはアニメ『黒子のバスケ』黄瀬涼太役です。

木村さんのお誕生日をお祝いする企画で”木村さんが演じた役で一番好きなキャラクターは!?”というアンケートを実施したところ、第1位を獲得したのがこのキャラクターです。一見チャラ男のように見えてバスケに対してはひたむきで情熱は本物であるところや、明るくてお調子者でもあ
るけれどチームにはかかせないムードメーカーのような存在でもある、そんなONのカッコよさとOFFのお茶目さを木村さんが見事に演じ分けていて、たくさんのファンに支持されました。

 

 アニメ『妖怪ウォッチ』のエンマ大王も木村さんが担当されています。

ギャグアニメなので、登場人物の妖怪たちは時にブラックジョークさえも交えながらコントのような掛け合いでストーリーが進みます。そんな中でエンマ大王はいつもクールで平常心、名前からは悪が連想されますが、この物語の中ではかっこいいヒーローのような立ち位置で、その存在感が木村さんのイケボによっていい感じのアクセントになっています。

 

人気アニメであるハイキュー!!の木兎光太郎も演じています。

木村さんは映画の吹き替えでも活躍されています。『ナルニア国物語』シリーズでは主人公のペベンシー4兄弟の長兄、ピーター・ペベンシー役の日本語吹き替えを担当されました。ひょんなことから異世界へ足を踏み入れてしまい、期待と不安が入り混じりながらも様々な冒険に巻き込まれていく中で成長していく兄弟たちですが、一番上の長兄として妹や弟たちを引っ張っていこうとするまとめ役です。

 

そのリーダーシップは実際の木村さんの性格にも通じるところがあるのかもしれません。声優仲間の石川界人さんは、木村さんのことを「人を引き付ける力がすごくて、面倒見の良さも尋常じゃない!」と称讃しています。

スポンサーリンク

綾野遠のプロフィール

氏名:綾野 遠(あやの とお)

職業:大学生兼デザイナー

綾野遠は服飾芸華大学の服装科4年生。現役の大学生ですが、義母・綾野麻衣のブランド「Aphro I dite」でデザイナーとしても働いており、服飾芸華大学の歴史上随一と言われるほどの腕前です。抱きしめるだけで3サイズがわかるという特技があり、ファッションに携わるべき天性の才能も持ち合わせています。

つかみどころがなく飄々と過ごしているようにも見えますが、義母に認めてもらい自分のブランドを立ち上げるという信念をもっているため、ファッションに関しては非常にストイックです。主人公の一人である育人にも辛辣な言葉を浴びせたりもします。

しかしそれは冷たい人間だからではなく、本気だからこその愛のムチで、基本的には優しい兄貴といった存在です。木村さんは遠のあらゆる顔を声で絶妙に表現されています。声のプロなんだから当たり前・・・という次元を超えていて、その引き出しの多さに脱帽してしまいます。

綾野遠の声優まとめ


綾野遠の声優は木村良平さんでした。木村さんは現在は声優を中心に活動されていますが、過去には役者として幼い頃から表に出ていた方なので”演じる”ということについては人一倍の経験値があります。

今後役者としてドラマや舞台に登場してくださるのか、声優としてアニメだけでなく、ゲームの世界や映画の吹き替えでさらなる飛躍をとげるのか、ラジオDJや司会業、歌手活動にもっと進出してさらに知名度をあげるのか・・・。いずれにしても今後の活躍から目が離せません!!

スポンサーリンク
おすすめの記事