とある科学の超電磁砲Tのアステカのお嬢さん
スポンサーリンク

超電磁砲T2話で登場する「アステカのお嬢さん」とは誰のことなのか。

そして初めての任務とは一体。。

今回はアステカのお嬢さんの正体と大覇星祭に潜入している目的をチェック!

アステカのお嬢さんとは

アステカのお嬢さんの正体は「魔術師のショチトル」であることが判明!

とある魔術の禁書目録Ⅲで登場するキャラクターです。

学園都市の暗部組織に所属し、魔術師と呼ばれています。本当の正体はアステカ系魔術結社「翼ある者の帰還」の魔術師。死者に関する魔術が得意で「死体識人」の名を持っている。

今は変装しているが本当は褐色の肌をした少女です。

アステカのお嬢さんの目的

ショチトル初の暗部の任務は「組織を裏切ったエツァリ」を見つけて粛清を行うことです。

エツァリは上条勢力の任務で御坂美琴を狙っていたが、その過程で美琴に惚れてしまいます。そして、上条と戦うことになりますが見事に破れ美琴を上条当麻にたくしてどこかに消えてしまうのです。

そして、アステカののお嬢さんであるショチトルはエツァリを探しているという訳なんです。

スポンサーリンク

アステカのお嬢さんと佐天涙子との関係

ショチトルは最新の携帯電話に出れずに四苦八苦しているとそこに佐天涙子がやってきて、アドバイスをする。

佐天涙子「どうかしました?どこかでお会いしたことありませんでしたっけ?」

ショチトル「いえ。気のせいじゃないですか。。」

実はアメリカの社会科見学のときに佐天涙子と会っており、ある事件に巻き込まれてしまった佐天涙子を助けるために魔術結社から出ていた命令を無視している。

こちらのとある魔術の禁書目録のお話し。

アステカのお嬢さんのまとめ

https://twitter.com/252525kaeru/status/1218107014724763648?s=20

とある科学の超電磁砲T第2話で発せられた「アステカのお嬢様」。

正体は魔術師のショチトルでした。裏切り者のエツァリを探すために潜入していますが、レールガンTの中で見つけることができるのでしょうか?

平和な大覇星祭で波乱が起きそうな予感!

スポンサーリンク
おすすめの記事